ニュース
» 2017年06月09日 09時00分 公開

やめてえええ! AIがあなたの顔をたちまち「すっぴん」に メイク落としアプリ「MAKEAPP」が恐怖しかない

お化粧にかけた労力を一瞬で無に。

[あゆみん,ねとらぼ]

 AIがメイクを無効化するメイク落としアプリ「MAKEAPP」(iOS)が恐ろしいとTwitterで話題になっています。



 このアプリ、数ある加工アプリと同じく素顔にメイクを施すものかと思いきや、それに加えてワンタップで写真の人物をすっぴんに出来てしまう「逆メイク」機能が付いているのです。時間をかけて施されたメイクを一瞬にして無に返すこの恐怖のアプリ。さまざまな人物の「逆メイク」画像が投稿される中、「すっぴんまとめサイトができる予感」と恐ろしいにも程があるつぶやきまで……。頼む、化粧ぐらいさせてくれ!!


MAKEAPP App Storeの紹介画像より。怖すぎる……!

 そんな恐怖のアプリ、一体どこまでメイクが落とされてしまうのか、実際に筆者の顔でも実験してみました。


MAKEAPP わかりやすい様に濃いめのメイクで挑みます

 まず、リップやチークなどの顔の色味が落とされていいます。目元はアイラインとつけまつげが完全になかったことに。特にまつげが無残に消されています。唯一眉毛のみ、ペンシルを使用して描いた割にはあまり変わらないかも……? という印象です。


MAKEAPP とても幸が薄そうになりました

 お次はものすごく気合を入れて撮影したであろう自撮り。必死で施したアイメイクも虚しく、なんとも幸の薄そうな顔に。やはり唇の色の変化が目立ちます。カラーメイクや目の大きさの他、顔に立体感を出す為のシェーディングも無効化されています。顔の凹凸返してください……。

 1、2枚目ともに我ながら自身のすっぴんに近い顔になっており、あながちウソとも言えないのがこのアプリの恐ろしいところ。自分で加工するのはネタになって面白いかもしれませんが、キメ顔で撮影した女子会の写真を他人にすっぴんにされてしまった日には、やめてー!! と叫んでしまうかもしれません。


MAKEAPPMAKEAPPMAKEAPP App Storeより。メイクを落とすだけでなく重ねることも。その違いは一目瞭然

 Twitterには、実際に試してみたというツイートも。



 アプリを使った人からは、「女性にとってこんな恐ろしいアプリないでしょ」といった戸惑いの声や、「すっぴんにしてからメイク機能使ったら更に別人が出来上がった」など一味違った遊び方の提案も。中には「SNOWと対を成す存在」という正論すぎるコメントも寄せられていました。


あゆみん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐