ニュース
» 2017年06月09日 15時55分 公開

線画を写実的に変換するWebツールを試した結果……閲覧注意画像作っちゃってごめんなさい

努力はしたのですが、どうしても瞳に生気が宿りません。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 線画をリアルに変換してくれるWebツールが登場しました。以前話題を呼んだ猫イラスト変換ツール関連記事)と同じ「Pix2Pix」システムを使い、オランダの放送局NPOが公開したとのこと。さっそく試してみましたが、なかなか「雑な落書きが美麗な絵画に!」とはならないようです。


サンプル サンプルを見る限り、目と髪をしっかり描き込めば絵画のように仕上がるようです

 左側の枠にマウスで直描きした絵が、変換されて右側に出る仕組み。機能はペンと消しゴム、「undo(一手戻し)」、「clear(全消去)」だけで、拡大・縮小機能もありません。Ctrl+マウスホイール操作などで、ブラウザのページを拡大すると描きやすいです。なお、スマートフォンからのアクセスは可能ですが作画はできません。


作画 左の「line」と「eraser」でペンと消しゴムを切り替え。ペンの太さに対し、消しゴムで消せる範囲がとても広いので、使うときは慎重に

 描き上げて中央の「process」をクリックすると変換が開始。できあがった絵は「save」ボタンからPNG形式で保存できます。筆者が試したところ、多少雑に描いても立体感のある絵に仕上がりました。ただ、ボウズ頭の人物に自動で髪を描き足したり、前髪をボリュームアップしたりといったクセがあり、あまり思い通りの形には変換されないようです。特に瞳の表現がどうしても木目のようになりがちで怖い。


ITちゃん? マスコットキャラクター・ITちゃんの模写に失敗した結果生まれたオリキャラ。髪を漫画的に表現すると、肌との境界線がおかしくなるようです

女優 漫画表現がダメならば人物画をと、ある女優の写真を手本に描いた例。できばえはさておき、ほうれい線や鼻筋の陰影が描かれて立体的に。あ、怒られそうなのでモデルが誰かは書かないでおきます

ゲルニカ 恐れ多くもピカソ作「ゲルニカ」の一部を模写してみたら、悪夢感がパワーアップしてしまいました。というか、なんだこの髪型

 WebツールはTwitterで注目を集めており、URLを検索すると多くの作例が出てきます。ときどきアーティスティックな作品も発見できて、見ていて飽きません。やっぱうまい人が使うと違うわあ。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」