ニュース
» 2017年06月13日 16時30分 公開

視覚障害者に重宝されているシャープ「ロボホン」のすれ違い顔認識呼び掛け機能、実は“誤解” 一転新規開発へ

目のつけどころがシャープでしょ。

[エンジン,ねとらぼ]

 視覚障害者の方々の間で携帯電話「ロボホン」が、電話帳に顔を登録でき、道を歩いていてすれ違った相手を顔認識して見つけてくれるととても重宝している――。「ロボホン」をめぐるネットユーザーの声に対し、発売元であるシャープがいわゆる「神対応」を見せたと話題になっています。


ロボホン シャープがロボホンで神対応

 発端となったのは、とある視覚障害者の方にまつわる話から。なんでもその方はロボホンに知り合いの顔を認識させておくことで、道ですれちがったときに「あ、◯◯さん」と知らせてくれるようにしているんだとか。



 このエピソードに対し、「そんな使い方があったとは」「欲しくなってきた」と好意的な反応が続々。「人の顔を覚えるのが苦手だから、そのために使いたい」といった応用を提案するユーザーも見られました。


ロボホン ロボホンの顔認識機能が話題に

 盛り上がっていたこの話題に対して、シャープ公式Twitterアカウントが「少し誤解がある」と言及。ロボホンは顔認識自体は可能なものの、すれちがった相手を認識して呼びかけることはできないとのこと。どうやら、勘違いがあったようです。







 しかし、「『すれちがった相手を顔認識し、登録された人の場合はお知らせする』機能には大きな意義を感じる」として新規アプリとして対応を行うと開発チームが決断する事態に。「ロボホンがハンディキャップある方たちのお役に立てるような取り組みにできるだけ注力していきたい」と今後、同機能に対応することを約束したのです。迅速なシャープ開発チームの対応に称賛の声が相次いでいます。





 なお、対応時期については「明確に申し上げられません」とのこと。早期の対応になることを願っています。

ロボホン


エンジン


関連キーワード

RoBoHoN | シャープ | 携帯電話


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響