ニュース
» 2017年06月14日 13時30分 公開

政府が男性に簡単な料理を提案する「おとう飯」始動 イクメン増加目指す施策に「労働時間の削減が先決」との指摘も

お父さんだって料理をしようにも、技術以前に時間がないとする意見が多数。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 内閣府男女共同参画局が、「おとう飯(はん)」キャンペーンを始動しました。男性へ簡単な料理を提案し、積極的に育児や家事に関わる「イクメン」の増加を目指す施策です。


おとう飯


 NHKの報道によると、日本では6歳未満の子どもがいる男性が1日あたり家事や育児に関わる時間が67分と、欧米各国の約3分の1。女性が活躍できる社会や働き方改革の実現に向け、政府は2020年までに150分へ引き上げる目標を掲げています。

 具体策として、「多少見た目が悪くても手間なく作れるおいしい料理」を「おとう飯」と名付け提案。ネットでの情報発信やイベントで普及啓発活動に取り組むとのことです。


おとう飯 おとう飯のコンセプト

 ネットでは「料理へのハードルを下げる意味はある」と好意的に受け止める声もありますが、政府の認識にズレを感じるとの冷ややかな反応が目立ちます。「調理法を説く前に、労働時間を削減して家事に割く時間を確保させてほしい」とする意見が多数。「調理ばかりが家事ではない」「冷蔵庫の在庫や後片付けを考えずに調理だけされても、結局あとの手間が増える」といった声も見られます。

 おとう飯は調理の参考にはなりますが、結局のところ家事の分担は、各家庭が事情に合わせてベターなやりかたを探るべきなのでしょう。


(沓澤真二)


関連キーワード

料理 | 家事 | 政府 | 子育て | イクメン | 労働時間 | お父さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声