ニュース
» 2017年06月14日 13時30分 公開

政府が男性に簡単な料理を提案する「おとう飯」始動 イクメン増加目指す施策に「労働時間の削減が先決」との指摘も

お父さんだって料理をしようにも、技術以前に時間がないとする意見が多数。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 内閣府男女共同参画局が、「おとう飯(はん)」キャンペーンを始動しました。男性へ簡単な料理を提案し、積極的に育児や家事に関わる「イクメン」の増加を目指す施策です。


おとう飯


 NHKの報道によると、日本では6歳未満の子どもがいる男性が1日あたり家事や育児に関わる時間が67分と、欧米各国の約3分の1。女性が活躍できる社会や働き方改革の実現に向け、政府は2020年までに150分へ引き上げる目標を掲げています。

 具体策として、「多少見た目が悪くても手間なく作れるおいしい料理」を「おとう飯」と名付け提案。ネットでの情報発信やイベントで普及啓発活動に取り組むとのことです。


おとう飯 おとう飯のコンセプト

 ネットでは「料理へのハードルを下げる意味はある」と好意的に受け止める声もありますが、政府の認識にズレを感じるとの冷ややかな反応が目立ちます。「調理法を説く前に、労働時間を削減して家事に割く時間を確保させてほしい」とする意見が多数。「調理ばかりが家事ではない」「冷蔵庫の在庫や後片付けを考えずに調理だけされても、結局あとの手間が増える」といった声も見られます。

 おとう飯は調理の参考にはなりますが、結局のところ家事の分担は、各家庭が事情に合わせてベターなやりかたを探るべきなのでしょう。


(沓澤真二)


関連キーワード

料理 | 家事 | 政府 | 子育て | イクメン | 労働時間 | お父さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた