ニュース
» 2017年06月20日 22時25分 公開

「永眠願う」「まだ生きてる……」 妻が旦那の不満を激しく書き連ねるサイト「だんなDEATH NOTE」がすごいひどいと話題に

「闇が深すぎる」などの声があがっています。

[コンタケ,ねとらぼ]

 妻が旦那への不満をほとばしるほど激しく書き連ねるサイト、「だんなDEATH NOTE」があまりにもひどいとネット上で話題になっています。書き込まれている内容は愚痴とか不平などという生易しいものではなく、真っすぐで純粋な殺意に満ちあふれていました。この世の地獄か。


だんなDEATH NOTE 旦那死ね.com 「だんなDEATH NOTE」トップページ(以下、画像はトップページより)


だんなDEATH NOTE 旦那死ね.com


だんなDEATH NOTE 旦那死ね.com


だんなDEATH NOTE 旦那死ね.com

 「だんなに死んでほしい人のための会員制オープンSNS」とのことでユーザーから多数の投稿があるのですが、「永眠願う」「まだ生きてる……」「去勢しろ!」「糞旦那死ね」「クソが」など見ているだけで人生について考えさせられそうなタイトルが山盛り勢ぞろいしています。内容もいかに旦那に死んでほしいか、いかに旦那が人としてだめなのかが豊富な語彙(ごい)で書き連ねられています。どうしてこうなった……どうして……。

 その圧倒的パワーに、ネット上では「ネタサイトだろ」「闇が深い」「なにこのクソやばいサイト」「世も末ってる事に気付いたよ」「怖すぎ」「生々しい投稿が笑えない」といった声があがっています。また、サイトのドメインが「danna-shine.com(旦那死ね.com)」というのも、多くの人たちの心に深く突き刺さっているようです。筆者の心にも鋭利に突き刺さっています。

 現在同サイトはアクセスするとパスワードを要求されるようになっており、閲覧ができない状態になっています。公式Twitterによると、「2チャンネルから始まり、まとめサイトに拡散され大荒れなので、いったん停止しています。ほとぼりが冷めたら、再開します。すみません」とのこと。



 また、「だんなDEATH NOTE」には「だんなしねっと」という姉妹サイトがあるのですが、こちらは2ちゃんねるの既婚女性板(通称「鬼女板」、既婚女性→既女→鬼女のスラング)からの転載を中心とした2ちゃんねるまとめサイトとなっています。鬼女板には旦那への不満を書き連ねるスレが幾つかあり、そこからのレスをまとめているもよう。

 非常に闇の深いサイトですが、本当にいずれ復活するのでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる