ニュース
» 2017年06月23日 12時47分 公開

フジテレビ「映っちゃったGP」、鳥取城跡の心霊現象紹介VTRの事実誤認を謝罪 鳥取県知事がコメント

二の丸のトイレは霊が映るため鏡を外してある→実際は壊れたので外しただけなど。

[Kikka,ねとらぼ]

 2017年4月21日に放送されたフジテレビ系列「映っちゃった映像GP」に関して、鳥取県知事が事実誤認を指摘。フジテレビが公式サイトで謝罪しました


映っちゃった映像GP フジテレビが掲載した謝罪(番組公式サイトより)

 番組は世界中から集めた「UFO」「UMA(未確認生物)」「心霊」など、怪しい映像を紹介するというもの。お笑い芸人の「やるせなす」中村豪さんと、タレントの中川翔子さんが鳥取城跡に関する心霊現象のウワサを検証するコーナーで「鳥取城跡の二の丸に餓死した農民を供養する供養塔がある」「二の丸広場は農民が埋められた場所」「二の丸のトイレは霊が映るため鏡を外してある」と紹介していました。


映っちゃった映像GP 番組内容の紹介(番組公式サイトより)

 ところがこの放送内容について、日本海新聞が6月22日に「鳥取城跡は心霊スポット? フジ系番組、何を根拠に」と報道。事実誤認の可能性を示唆しました。

 これを受けて鳥取県の平井伸治知事は6月22日中にフジテレビに対してFAXを送付。「多くの視聴者の皆さまに歴史ある鳥取城跡をご覧いただけたことはよいのですが、番組中に事実と異なる部分がありました」と事実誤認の指摘を行いました。県担当者によると、誤認があったのは以下の項目。

鳥取県がフジテレビに指摘した誤認内容

放送内容:羽柴軍が城下を攻めたため、城内に領民が避難。これにより1500人だった城内の人数が、4000人に増えた。

鳥取県の回答軍記などでさまざまな数字が挙げられているが、明確な根拠はない。

放送内容:吉川経家は山頂の城で切腹した。

鳥取県の回答吉川経家の切腹場所については、史料では「城内広間」としか分からないので、詳細な場所は不明。当時、山中にあったといわれる真教寺という説もある。

放送内容:二の丸に餓死した農民を供養する供養塔がある。

鳥取県の回答番組で供養塔とされたのは、城下町発展に尽力した人物の墓地。二の丸には天正の戦いの供養塔はない。

放送内容:二の丸広場は餓死した農民が埋められた場所。

鳥取県の回答天正8〜9年の段階ではこの曲輪(くるわ)は築造されていなかったので、ありえないと考えられる。

放送内容:現在の登山道は戦国時代のままの姿。

鳥取県の回答基本的には現在の登山道は江戸時代の道で、戦国時代にはこれより西側に大手道があったと考えられる。

放送内容:登山道途中の社は鳥取城攻めで亡くなった武士を祀っている。

鳥取県の回答「中坂稲荷」は、桂蔵坊を祀ったもので、一説には天正の戦いの後、宮部継潤と共に入城した山伏「桂蔵坊」の墓所ともいわれている。

放送内容:二の丸のトイレは霊が映るため鏡を外してある。

鳥取県の回答壊れたので外しただけ。


 こうした指摘についてフジテレビは6月23日に番組公式サイトを更新。「その内容に誤りがあることが分かりました」と報告しています。フジテレビが誤りだとしたのは、供養塔、登山道、登山道の社についての3つで、「視聴者の皆さまならびに関係者の皆さまに多大なるご迷惑をおかけしたことを、おわび申し上げます。今後はチェック体制を強化し再発防止に努めて参ります」と謝罪しています。

 一連のやり取りについて編集部がフジテレビに取材を申し込んだところ、県への対応については「先方もあることなので、回答を差し控えさせていただきます」、そもそもこうした説はどこから得た情報だったのかについては「取材・制作の詳細についてはお答えしておりません」、視聴者からの指摘の有無については「視聴者からのご意見等はいただいています。またメディアからは問い合わせもありました」と回答しました。

 また鳥取県の担当者は本件について、「抗議というよりは事実が違うという趣旨でのご連絡」であると明かし、「鳥取には『地縛霊(じばくれい)』も『砂漠霊(さばくれい)もいません。しかし、幽霊族の唯一の末裔の鬼太郎は境港にいます』」とコメント。「鬼太郎に会いがてら、また鳥取に取材に来てほしい」と話しました。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」