ニュース
» 2017年06月26日 18時34分 公開

プラレールにホームドア採用の駅パーツ登場 ユーザーが駅に入り込める専用ARアプリも

駅に到着した車両の停車・発車をコントロールすることも可能。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 各鉄道路線で導入が進む安全対策、ホームドアがついにプラレールにも採用されました。新登場の駅パーツ「今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション」に、自動開閉式のホームドアが搭載されています。


ホーム ホームが今どきの感じに

レイアウト レイアウト次第でターミナル駅のように機能します

 都会の大型駅をイメージし、3本のホームとトミカで遊べる駅前ロータリーを搭載。1番線のホームドアは、車両の停車・出発に合わせて効果音とともに自動で開閉します。車両のコントロール機能もあり、運転手の気分で遊べます。


駅 トミカとあわせて遊べる

開閉 1番線のホームドアは、車両の停車時に自動で閉鎖。3番線のものも、手動で開閉できます

コントローラー コントローラーで車両の発車を操作可能。構内アナウンスやドアの音など40種類のサウンドを鳴らす機能も

 専用のAR(拡張現実)アプリも用意。駅構内にAR上の登場人物が行き交う様子を楽しめます。カメラでユーザーの顔を取り込み、アプリに登場させることも可能。自分の分身がプラレールの世界に仲間入りします。


AR 端末をかざすと、駅構内を人が行き交う

撮影 自分をアプリ内に登場させることも可能。タップするとセリフが出ます

 価格は7500円(税別)。7月13日から全国の玩具店や量販店、公式ショッピングサイトなどで販売されます。


(沓澤真二)


関連キーワード

プラレール | おもちゃ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」