ニュース
» 2017年06月26日 18時34分 公開

プラレールにホームドア採用の駅パーツ登場 ユーザーが駅に入り込める専用ARアプリも

駅に到着した車両の停車・発車をコントロールすることも可能。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 各鉄道路線で導入が進む安全対策、ホームドアがついにプラレールにも採用されました。新登場の駅パーツ「今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション」に、自動開閉式のホームドアが搭載されています。


ホーム ホームが今どきの感じに

レイアウト レイアウト次第でターミナル駅のように機能します

 都会の大型駅をイメージし、3本のホームとトミカで遊べる駅前ロータリーを搭載。1番線のホームドアは、車両の停車・出発に合わせて効果音とともに自動で開閉します。車両のコントロール機能もあり、運転手の気分で遊べます。


駅 トミカとあわせて遊べる

開閉 1番線のホームドアは、車両の停車時に自動で閉鎖。3番線のものも、手動で開閉できます

コントローラー コントローラーで車両の発車を操作可能。構内アナウンスやドアの音など40種類のサウンドを鳴らす機能も

 専用のAR(拡張現実)アプリも用意。駅構内にAR上の登場人物が行き交う様子を楽しめます。カメラでユーザーの顔を取り込み、アプリに登場させることも可能。自分の分身がプラレールの世界に仲間入りします。


AR 端末をかざすと、駅構内を人が行き交う

撮影 自分をアプリ内に登場させることも可能。タップするとセリフが出ます

 価格は7500円(税別)。7月13日から全国の玩具店や量販店、公式ショッピングサイトなどで販売されます。


(沓澤真二)


関連キーワード

プラレール | おもちゃ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10