ニュース
» 2017年06月28日 21時01分 公開

JR東海の新たな新幹線「N700S」のデザイン公開 東海道の「白地に青帯」を踏襲

運転開始は2020年を予定。

[ねとらぼ]

 2020年から東海道・山陽新幹線で運転開始する新型車両「N700S」のデザインを、28日にJR東海が公開しました。N700系シリーズを進化させた新たな先頭形状「デュアル スプリーム ウィング形」に、東海道新幹線の象徴である「白地に青帯」を踏襲したカラーとなっています。

東海 新幹線 デザイン N700S 「N700S」先頭デザイン

東海 新幹線 デザイン N700S 先頭デザイン概要

 「N700S」は2007年に営業開始したN700系以来のフルモデルチェンジとなる車両。先頭形状は両サイドにエッジを立てることで走行風を整流するなど、さらなる環境性能の向上が図られています。前照灯にも省エネ化や照射範囲の拡大を狙って、新幹線初となるLEDライトを採用。また側面の青帯は先頭で、車両名の一部である“Supreme(スプリーム)”の「S」を表現します。

東海 新幹線 デザイン N700S グリーン車のインテリアデザイン。コンセプトは「ゆとりある空間と個別感の演出」

東海 新幹線 デザイン N700S 普通車。コンセプトは「機能的で快適な空間」

 客室のインテリアデザインは、グリーン車は「ゆとりある空間と個別感の演出」、普通車は「機能的で快適な空間」をコンセプトに設計。停車駅に近づくと荷棚の照度が上がって荷物へ注意が促されたり、グリーン車では大型の側面パネルによって窓側の座席と荷棚が一体化し一人一人の空間が演出されるなど、さまざまなアイデアが取り込まれています。

 座席に関してはグリーン車はN700系の「シンクロナイズド・コンフォートシート」を進化させ、リクライニング時に太もも裏側への圧迫感を低減するデザインに。フットレストも大型化、足元スペースも15%拡大しています。普通車も背もたれと座面が連動して傾くリクライニング機構を採用、全座席にコンセントを設置するなど、より快適に設計。

東海 新幹線 デザイン N700S グリーン車の座席

東海 新幹線 デザイン N700S リクライニング機構

東海 新幹線 デザイン N700S 普通車の座席

東海 新幹線 デザイン N700S リクライニング機構

東海 新幹線 デザイン N700S デッキ部

 今回のデザインを反映した「N700S確認試験車」は、2018年3月に完成する予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声