コラム
» 2017年07月01日 11時00分 公開

ゴキブリ対策完全版! 人類 VS ゴキの戦いに終止符を打つ「殲滅法」をアース製薬に聞いてきた(4/4 ページ)

[中山順司,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       

ア: 私は元は研究者だったので、実験室での仕事歴は長いです。大量に飼育してはオスとメスを分けたり、薬剤の効きを調べたり、専用の部屋で働いていましたね。

筆: ど、どんな感じの場所なんですか……。

ア: 飼育室には60万匹のゴキブリがいます。ガラス越しに部屋を見渡せるのですが、ガラス一面ビッシリと真っ黒いゴキが張り付いてうごめいています。

筆: ろくじゅうまん……。

ア: 一部屋にです。巣となるアイテムをいくつも床に置いてあり、生活しやすいような環境にしてあります。

筆: 一部屋にろくじゅうまん……想像するだけで阿鼻叫喚の地獄絵……。あ、写真があっても見せないでください。多分気を失うので。で、その施設を外部の人が目にする機会ってあるんですか?

ア: 社会見学で小学生が来ることも。

筆: トラウマになりそう。

ア: 必ず何人かは「ぎゃーーーーーーー」って叫んでますね。大人でもダメな人は本当にダメで、入室前に「覚悟してくださいね、気を確かにしてくださいね」とはお伝えします。

筆: 私はオシッコちびる自信がある。

ア: 外界のゴキブリは病原菌を運んだりするので不潔ですが、実験室で培養したモノはキレイなんですよ。見た目はともかく、不潔ではないです。

筆: 理屈では分かりますけど……。

ア: 死体はふつうに素手で拾うこともあるし、実験ケースから逃げ出したのをほいっと素手でつかんでケースに戻す研究者もいますね。ふつうの光景です。

ゴキブリの遺影を掲げる「虫供養」

ア: あと、これは積極的にメディアの方にお話していることではないんですが、「虫供養」という行事を毎年行います。お寺でお線香をあげ、お経を読んでもらって、ゴキブリの遺影を掲げてお祈りするんですよ。

筆: へーーーーー。

ア: 大量の害虫を培養しては殺しているわけで、たとえ害虫といえど、殺生をしていることに変わりはないですから。

筆: それは面白半分とか酔狂ではなく、いたって真剣にやっているんですよね。

ア: もちろんです。端から見るとシュールに見えるかもしれませんが、マジメにやっています。

筆: 命に感謝しているってことの表れですか。

ア: そうです。動物愛護の精神に近いですかね。面白おかしく書かれるのは本望ではないので、対外的に「こういう活動をしています」的な発信はしていません。一度、どこからか話を聞きつけた新聞社さんが、取材を申し込んできたことはありましたが。

筆: おふざけトーンで記事にされたら心外ですもんね。

ア: ですね。なので基本は社内でひっそりとやります。消費者の方々にわざわざお伝えすることでもないでしょうし。

筆: なんか、ちょっといい話になってきた。どうもありがとうございました。これで人類はGに勝てそうです。家に帰ったら早速殲滅してやります!

中山順司(なかやま・じゅんじ)

ロードバイクをこよなく愛するオッサンブロガー。“徹底的&圧倒的なユーザー目線で情熱的に情報発信する”ことがモットー。freee株式会社勤務&経営ハッカー編集長。ブログ「サイクルガジェット」運営。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声