ニュース
» 2017年07月02日 19時20分 公開

サンリオキャラ大賞、2017年度はシナモロールが初の1位に 応援者の歌広場淳「やったぁぁぁぁぁだだ!」

SHOW BY ROCK !!は9位に落ち着き、ポチャッコが10位内に返り咲くなど、ベテラン勢が強い年に。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「2017年サンリオキャラクター大賞」の結果が7月2日に発表されました。デビュー15周年のシナモロールが初めて1位に輝く結果に。2位はポムポムプリン、3位はマイメロディです。

サンリオキャラクター大賞 2017 シナモロール 32回 1位はシナモロールに!

サンリオキャラクター大賞 2017 シナモロール 32回 トップ3。今年は波乱なし

 サンリオキャラクター大賞は、エントリーした総勢100のサンリオキャラから投票で人気を決める毎年恒例企画。32回目となる2017年度は5月10日から6月11日まで投票を受け付け、総数439万9291票を集めました。

 シナモロールは2014年に5位、2015年に3位、2016年に2位と、上位でじわじわと順位をあげてきて念願の大賞に。獲得したのは65万6154票。今年はゴールデンボンバーの歌広場淳さんがお友達として大きなエールを送っており、結果を受けTwitterで「シナモン1位だったぁぁぁぁぁ!!!!!!!やったぁぁぁぁぁだだ!!!!!!」と狂気の声をあげています。

サンリオキャラクター大賞 2017 シナモロール 32回 シナモロール、歌広場淳さんを「じゅんじゅん」と呼んでいるそうな

 受賞についてシナモロールは、「去年までの『ぼく』を超えたくて、じゅんじゅん(※歌広場淳さん)といろいろなことにチャレンジしたんだ。デビュー15 周年に、ぼくとお友達の記憶に残る結果が出せてとってもうれしいな。応援してくれたお友達、本当に 本当に ありがとう。楽しいことをたくさんお届け出来るようにがんばるからこれからもずっと、ぼくと仲良くしてね♪」とコメントしました。

 4位はハローキティ、5位はぐでたま、6位はリトルツインスターズ、7位はYOSHIKITTY、8位はKIRIMIちゃん、9位はSHOW BY ROCK !!、10位はポチャッコ。

サンリオキャラクター大賞 2017 シナモロール 32回 4〜10位の結果

 1998年から2014年まではキティさんとマイメロディの一騎打ちでしたが、ここ3年の首位争いはポムポムプリンとシナモンロールが繰り広げています。2015年はプロジェクト「SHOW BY ROCK !!」のバンド4組が10位内に入る大波乱の年となりましたが、今年はバンドをすべてまとめてSHOW BY ROCK !!としてエントリーするも9位と、人気に陰りが。他にも1989年生まれのポチャッコがトップ10に食い込むなど、ベテラン勢が根強い人気を見せる結果となりました。

 公式サイトでは100位まですべての順位を公開しています

ここ数年のサンリオキャラクター大賞の結果

 2014年度。1位:マイメロディ、2位:ハローキティ、3位:リトルツインスターズ(キキララ)、4位:ポムポムプリン、5位:シナモロール (関連記事

 2015年度。1位:ポムポムプリン、2位はシンガンクリムゾンズ、3位:シナモロール、4位:ぐでたま、5位:マイメロディ、6位:プラズマジカ、7位:ハローキティ、8位:トライクロニカ、9位:リトルツインスターズ(キキララ)、10位:徒然なる操り霧幻庵(関連記事

 2016年度。1位:ポムポムプリン、2位:シナモロール、3位:マイメロディ、4位:ぐでたま、5位:ハローキティ、6位:リトルツインスターズ(キキララ)、7位:YOSHIKITTY、8位:シンガンクリムゾンズ、9位:KIRIMIちゃん.、10位:クロミ

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた