連載
» 2017年07月04日 23時30分 公開

「告白しようと思ったのに」「なーんちゃって!!」 青春が爆発する高校生たちの恋に笑い泣く マンガ『徒然チルドレン』から『スピカ』週刊少年マガジン×ねとらぼ(1/2 ページ)

「なーんちゃって」と言っちゃったら、後が大変。

[たまごまご,ねとらぼ]

画像 「徒然チルドレン」アニメ化!(C)若林稔弥/講談社

 どこにでもいる高校生たちを主人公にした青春マンガ『徒然チルドレン』(若林稔弥)。やたらドキドキすると話題の同作がアニメ放送を記念して、ねとらぼに期間限定で登場します!


エピソード:スピカ

画像

 二人きりの天文部。笹原は先輩の湯川に毎日「好き」とちゃかしているけど、本当の気持ちは……。タイトルのシルエットが流す涙と、震える笑いがつらい。


画像 天文部の先輩の湯川×後輩の笹原

画像 笹原、沈黙に耐えられない子

画像 冗談じゃなくて本当に好きだったとしても、喜んでくれますか?

 一度「なーんちゃって」とでも言おうものなら、学生時代の3年間はあっという間。道化として時間は過ぎてしまう。そのままフェードアウト……という人は大人でも多いと思います。もう笑顔で泣くしかない。

 「スピカ」の笹原は、湯川先輩と2人きりの部活で「好きです!」とネタっぽく言いすぎました。言っているのは本当のことなのに、冗談めかしてしまって、本音にならない。

 とはいえ2人きりの部活で慕ってくる後輩女子とか、先輩だってさすがに本心に気付くだろうー?! 自分の制御ができない笹原がかわいくて仕方ないんでしょ、先輩、わかってるんだよ。そうだって言ってくれよ。

 ちゃかしてくる相手が自分を好きかどうかなんて、うすうす気付くものです。そんなのわかってるけど、どっちが先に真面目に切り出すかは、本当に悩ましい。わちゃわちゃしていた関係に、もう戻れなくなるのだもの。2人で笑って、1人で泣いて。

 ぼくは友人に「お前○○のこと好きなの?」と、しかもその相手の前で言ってしまったことがありまして。当然のごとく「いやいやそんな」と返させてしまって、気が付けば彼は自分の恋をちゃかしたまま3年過ごしてしまいました。もう今からでも土下座して謝りたい。ごめんなさいI君……。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響