ニュース
» 2017年07月04日 17時34分 公開

ガンは治療を重点的に行わない方が長生き―― “高濃度水素水で温熱免疫療法”を勧める医療漫画に疑問の声 保健所「指導する」

厚労省、保健所、クリニックに見解を聞きました。

[Kikka,ねとらぼ]

 東京都渋谷区の表参道首藤クリニックが自サイトで掲載していた、ガン治療に関する漫画について、ネット上で波紋が広がっています。


首藤クリニック 物議を醸したページ(現在は削除済み)

首藤クリニック 物議を醸したページ(現在は削除済み)

 物議を醸しているのは、同クリニックが取り組んでいる「超高濃度水素水を使った温熱免疫療法」を紹介するWeb漫画(現在は削除済み)の一部で、「突然ですがクイズです ガン発生後、長生きするのはどちらでしょう?」という設問に対し、「A.自然に身を任し、治療を重点的に行わない人」「B.財力に任せ、様々な治療、薬を試すセレブな人」と2択を迫るもの。

 漫画内では「A」が正解とされていた他、「抗ガン剤などは強力すぎて、ガン細胞もろとも正常細胞も、免疫細胞も破壊してしまう」「実際にガン治療を行う多数のお医者さんが、『自分ならこんな治療法はしない』と証言してるくらい」などと表現していました。

 これについてネット上では7月4日早朝から「これあかんやろ…」「免疫力に水素水ですか…」「ヤバい代替療法のテンプレ」などと非難が殺到したほか、6月22日に亡くなった小林麻央さんが同クリニックに通院していたというウワサや、芸能人が過去に同クリニックの水素温熱免疫療法をテレビで紹介していたことなども明らかとなり、7月4日午前7時ごろから急上昇ワードに「首藤クリニック」や「水素温熱免疫療法」などがランクイン。騒ぎが大きくなると、同日中にトップページに貼られていた漫画のリンクが削除された他、15時ごろには漫画ページそのものが削除されました。


首藤クリニック 当初はトップページに漫画がリンクされていた(現在リンクは削除済み)

厚生労働省と渋谷区保健所に聞く、「表参道首藤クリニック」

 こうした漫画の表現について問題はないのか、厚生労働省に見解を聞いたところ、問題ある表現である可能性は否定しないとしつつも、原本を見ていないこと、また医療広告に該当する場合の管轄は地元自治体(今回の場合渋谷区)の保健所になる判断とのことでした。

 その後、渋谷区の保健所にも取材したところ「お示しいただいた内容については、Web上の情報と認識している。現状の医療法において、Web上の掲載物は、広告に当たらずとなっている。ただし、Web上全般の内容については、自主的規範である医療機関ホームページガイドラインの指針に基づいた自発的な改善を促す等指導を行う」との回答がありました。

表参道首藤クリニックの回答

 本件について、表参道首藤クリニックに問い合わせたところ、「担当者が(来院中の患者の)対応に追われているので、回答は差し控えたい」とコメント。漫画が削除された経緯や、漫画内で用いていた表現の解釈についての明言は避けました。


 同クリニックは、他人のさい帯血を投与する医療行為を無届で行っていたとして6月28日付で厚生労働省から再生医療等安全性確保法に関する緊急命令を受けていました。

画像:表参道首藤クリニックより

(Kikka)

関連キーワード

漫画 | 治療 | 医療 | 表参道 | 水素 | がん | 再生医療


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」