ニュース
» 2017年07月15日 19時00分 公開

死んだら温泉に転生しました 『異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる』お湯になった熱美くんの生活あのキャラに花束を

温泉には温泉の生き方がある。

[たまごまご,ねとらぼ]

 現在は空前の異世界ものブーム。特に「転生物(こちらの世界で死んで、記憶を持ったまま異世界で復活する物語)」がとても熱い。人間への転生がベーシックですが、最近はクモとかスライムとか剣とか盾とか自販機とか、生き物どころか物になることすら。


異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる サブタイトルは「アンタの中が気持ちいいわけじゃないんですけどっ!?」ツンデレエルフ勇者やったぜ

 今回紹介したいのは、ライトノベル『異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる』シリーズの草津熱美(くさつ・あたみ)くん。彼が転生したのは温泉でした。


温泉としてレベルアップする人生

 16歳の熱美は、死んだ。その後目を覚ますと、自分が湯になっていたことに気付きます。岩の隙間からぴゅうぴゅう出ます。湧きました。

 当然動けない。たまたま冒険者のエルフの少女レティシアが見つけた上に、試しに入ってみてくれたからよかった。彼女がお湯に入ったことで、「温泉」としての経験値がたまります。


異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる エルフの少女、湧き出るお湯(熱美くん)に触れる

 経験値があがると、温泉施設が充実していきます。塀、看板、洗い場、スピーカー、番台、のれん、などなど。人が増えればその分、分かりやすく便利になっていく。

 温泉といえば「癒やし」。気持ちよさは当然として、この作品では回復作用とステータス上昇作用がどんどん追加されていきます。お湯に浸かればマナ(魔力)も回復し、状態異常が解け、能力が一時強化される。これが口コミで広がれば、冒険者は行き帰りに定期的に立ち寄ること間違い無し。モンハンの温泉の強化版みたいな感じなのかな。

 動けないヒーラーの物語だと考えると、分かりやすいと思います。自分から冒険者を救いにはいけないけど、来てもらえば癒やしてあげられるし、自分の経験値もたまる。効能も施設も充実する。大問題なのは、どうやって来てもらえばいいか。


異世界に温泉文化はない

 風呂や水浴びはあるとしても、「温泉に入る」という習慣がある国は、現実でもそこまで多くありません。熱美自体は元の世界の温泉施設を再現していきます。その文化に馴染んでもらわないといけない。

 最初にお湯に入ったレティシア、その後にやってきた神官クム、村長の少女チーチクの理解と協力を得ながら、いかにしてお金を払って温泉に入る習慣を定着させるか、考えるようになります。もっとも普段はしゃべれないので、コミュニケーション取るのがひたすらしんどそう。


異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる これから始まる温泉開発計画

 このラノベは2つのパートがあります。「温泉経営パート」と「異世界的な戦闘パート」。

 3人プラス熱美が「こんなに温泉は素晴らしい」というのを知らしめるため、いろいろな工夫をしていく温泉経営物語。2巻になると二号店も作られ、温泉併設の宿屋を建造します。温泉たまごのような名物になる食べ物や、遊技場(卓球とか)など、細かい気配りをしながら集客していきます。必須ともいえる、牛乳を冷やす冷蔵庫も登場。

 戦闘パートではさすがに温泉が自らどうこうはできない。でもちゃんと活躍します。このへんは物語の一番面白いところなので、読んでみてください。


異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる 番頭さんって仕事自体が当然この世界にないので、緊張しまくるレティシアさんかわいい

異文化のよさを伝える難しさ

 『テルマエ・ロマエ』ではローマ人ルシウスが、平たい顔(現代日本人)の浴場施設にとても感銘を受けていました。

 中世ヨーロッパ風のファンタジー世界だと、現代社会の衣食住を見た時のカルチャーショックは半端ではないはず。温泉も、巨万の富を払って買いたがる人いると思う。王様とかに知られたら、経済が揺らぐのでは。

 もちろん温泉は賑わってほしい。でも悪用するつもりはない。熱美とレティシアたちは、自分たちが広げた「温泉」を、とても大事にしています。

熱美「あの日、凍り付いていた俺の心を救ってくれた温泉みたいに、誰かの心を温めたかったのだ」

 なんてかっこいいんだ。お前は温泉の中の温泉だ。

 内容はとても健康的にエロス。主人公(温泉)もたまにはスケベ心起きますが、みんなのために一生懸命なので、読んでいて気持ちがいいです。

 なおこの作品コミカライズも始まっています。入浴シーンメインなので、主人公は無機物で地味だけれども、女の子たちが集まるとビジュアルは派手、というさじ加減が見事です。


※(C)Sou Nanaumi/KADOKAWA(MF文庫J刊) イラスト:庄名泉石


たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」