ニュース
» 2017年07月15日 08時00分 公開

チャリで昇降可能なエレベーター「バイクル」 エレベーターと階段の中間がコンセプト

なるほどな発想。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 エコな自転車式エレベーター「バイクル(Vycle)」がナイスアイデアな上健康にも良さそうです。


 エレベーターと階段の中間的な移動手段を目指したというバイクル。コンパクトな自転車を垂直に伸びたレーンに取り付けたような形になっており、ペダルを漕ぐとまったりとした速度で上昇します。動画で見る限りペダルは特別重そうな感じもなく、これなら乗ってみたいかも。ペダルを逆方向にこげば、そのまま下方向にも動くシンプル設計です。

チャリで昇降可能なエレベーター「バイクル」 徒歩と車の中間的な存在として自転車があるように、エレベーターと階段の中間的な存在に(画像は公式サイトより

 スペースをあまり取らないため、新たなビルへの設置はもちろん、既存の建物にも比較的小規模な工事で取り付けることができそう。螺旋階段の真ん中に設置するなど、設置場所も工夫のしがいがありそう。

チャリで昇降可能なエレベーター「バイクル」 本体の見た目は自転車そのもの(画像は公式Instagramより

 紹介動画では搭乗者が体をあずけるバイクル本体の下に何もないため、高所恐怖症の人には高層階への移動が難しいように見えますが、この点も直下に移動式の床をつければ解決できるはず。

 発明はイギリスの新興企業、バイクル社によるもの。公式サイトには具体的な設置費用や設置例が記載されていませんが、今後の普及に期待したいところです。

関連キーワード

エレベーター | エコロジー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」