ニュース
» 2017年07月15日 23時00分 公開

宇宙飛行士の相棒ロボットへ JAXA初の自律移動型球体ドローン「Int-Ball」の映像が公開

緊急時の事故現場の調査などにも利用される予定です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、遠隔操作で国際宇宙ステーション(ISS)内を移動して撮影可能なドローン「Int-Ball(イントボール)」の映像を初公開しました。動画では無重力の船内で自律的に位置を制御し、回転しながら周囲を撮影する様子が見られます。


jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン どこかかわいらしいデザインの「Int-Ball」

 Int-Ballは直径150ミリ以下という小さめの球体ドローンで、かわいらしい目のような点灯LEDが付いたデザインとなっています。筑波宇宙センターからの遠隔操作によって静止画と動画の撮影を行い、映像はリアルタイムでの確認が可能です。

 将来的には自律飛行が可能なノーメンテナンスのドローンとなる予定で、これにより宇宙飛行士たちの作業時間の10%を占めるという撮影タスクをゼロに。宇宙飛行士の相棒ロボットとして活躍予定です。現在は初期検証中。


実際に「きぼう」日本実験棟で撮影した映像が公開中です

jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン 船内に設置した立体マーカーで位置を認識

jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン 回転して撮影する「Int-Ball」の様子

jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローンjaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン 筑波宇宙センターから遠隔操作し、映像を確認します

 現段階では既存のドローン技術を採用した作りで、筐体と内部構造は3Dプリントで製造。正面に撮影用のメインモニターカメラがある他、左右には「画像航法カメラ」や「超音波距離センサ」があり、さらに船内に設置された立体マーカーを用いて位置を認識。またジャイロなどの装置が1つになった「超小型三軸姿勢制御モジュール」も搭載されています。

 今後は日本の実験棟「きぼう」船内外実験の自動化・自律化を進め、探査ミッション等に利用可能なロボティクス技術の獲得を目指すとしています。


jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン 空間の移動や回転は「推進用ファン」で( JAXA資料「JEM自律移動型船内カメラについて」より)

jaxa Int-Ball イントボール きぼう 船内ドローン JAXAの研究によって作られた「超小型三軸姿勢制御モジュール」も搭載しています

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」