ニュース
» 2017年07月17日 20時30分 公開

「上司のパソコンにまだイルカがいたでござる」 現代の「あるある」を浮世絵風に描くシリーズがクセになるシュールさ

ちょんまげなのに共感しかなかった。

[宮原れい,ねとらぼ]

 現代の「あるある」を浮世絵風に描くシリーズがネット上で人気を集めています。描かれているのは全て拙者のことではござらぬか……?


あるある 浮世絵 山田全自動 あるあるすぎる……

 メインの登場人物が皆“ちょんまげ”という絵柄に合った古風なスタイルなのに、当たり前のように現代で生活している姿にまずやられます。さらに内容が、ショッピングカートを押しながら店員を横目に「試食を本当は食べたいのに『別に欲しくないけど』感を出す」といった、身近なあるあるネタなのがとってもシュールです。

 他にも、電車で寝過ごして「内心焦っているが 当たり前みたいな顔をして 全然知らない駅で降車」など、わかりすぎるネタが浮世絵風イラストともに描かれ、俳画としての雰囲気が謎の説得力を放っています。おぬしら、絶対こっちでの生活長いだろ。


あるある 浮世絵 山田全自動 謎のプライドが発動するやつ

あるある 浮世絵 山田全自動 いかにも「ここで降りる予定でしたけど?」的な雰囲気出して降ります(体験談)

 制作しているのは山田全自動(@y_haiku)さん。イラストはTwitterInstagramでたくさん公開されており、日本語で書かれたネタながら、さまざまな海外のニュースサイトでも取り上げられるなど話題に。

 独特の世界観を持つ同シリーズですが、山田さんに描き始めたきっかけについて伺ってみると、仕事の幅を広げるためにイラストの練習をしていた時、浮世絵風の「ギターやドラムを演奏する人」をなんとなく描いたところSNSで好評に。また知り合いのアドバイスもあったことから描くようになり、だんだんと補足の一文を加えた今のスタイルになったそうです。


あるある 浮世絵 山田全自動 この罪悪感は江戸時代にもあるかも?

あるある 浮世絵 山田全自動 それな

 またあるあるなネタを“浮世絵風”で描く理由については、「妙な違和感が生まれるのが楽しいからだと思います」と山田さん。当たり前のことでも「絵柄が浮世絵というだけであたかもありがたい感じがしたり、深いことを言っているような雰囲気が出せるのがいいなと思っています」と、絵の特徴をネタとのギャップに生かした創作を楽しんでいる様子。

 なお豊富なネタのアイデアは、自身が体験した恥ずかしかったことや過去の気まずい場面を思い出して描いたり、日常での人間観察から考えることもあるのだとか。

 一番気に入っているネタについて聞いてみると、「年配の上司のパソコンを見たらまだイルカがいた(※Microsoft Officeにいたサポートキャラ・カイルくんのこと)」という“おじさんネタ”が個人的にけっこう好きとのこと。マゲの彼らがパソコンを操作する見た目だけでもシュールですが、上司の無の表情とカイルくんの「何について調べますか?」とその画面を見た部下の後ろ姿がズルい構図となっています。


あるある 浮世絵 山田全自動 上司とカイルくんに挟まれた部下の後ろ姿よ

あるある 浮世絵 山田全自動 こんなのズルいよ……!

あるある 浮世絵 山田全自動 「おじさんネタ」は特にクセになるネタな気がします

 海外での反響については、それぞれの国のメディアの記事内で紹介されているネタが「外で食べるカップ麺が妙においしい」など、「海外でもあるあるなの!?」と感じるものがあって面白いと山田さん。

 さらに海外の人からは「文章は何と書いてあるのか言葉はわからないけど絵を見ているだけでおもしろい」といった感想ももらうとのことで、今後は「絵を見るだけでも分かるようなネタも増やしていきたい」としています。

 ちなみに山田さんのホームページ「山田全自動」ではギャラリーで同シリーズが見られるほか、「墾田永年私財法Tシャツ」や「御成敗式目トートバッグ」など、こちらもひと癖あるオリジナルグッズを見ることができます。



画像提供:山田全自動(@y_haiku)さん

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」