コラム
» 2017年07月18日 11時00分 公開

あれから10年、「ケータイ小説」が急速に廃れた理由とは? 現役女子高生に『恋空』を読んでもらった(2/2 ページ)

[長橋諒,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

現役女子高生に、あのケータイ小説を読んでみてもらった

 現役の女子高生があの時話題になったケータイ小説を読んだら、どんな反応を示すのでしょうか。都内在住の女子高生に、お話を伺ってきました。

 今回取材にご協力してもらったのは、都立高校に通うなるみさんとゆうかさん。現役バリバリの高校生です。

 筆者がはじめに、「これ、知っていますか?」とおもむろにガラケーを見せると……。

 「お母さんが使ってました!」との返答が。

Pシリーズのボタンで開くあのシステムに、感動している2人

 このガラケーは実際に筆者が過去に使っていたもの。なぜ長州小力さんのストラップが付いているのかも分からないし、なんかもうダサいを通り越して逆にカッコイイ気もしますが、女子高生いわく、「ダサい」とのこと。

 30年前の「ラジカセ」は最近カッコよくフィーチャーされているかもしれないですが、ガラケーのように中途半端に古いと、まだ「ダサい」のかもしれません。

 さて今回は、「恋空」「teddy bear」を読んでもらうことにしました。2人ともケータイ小説は生まれて初めて読むとのこと。



筆者

 読んでもらった感想ですが、いかがでしたでしょうか?



ゆうか

 結果的には、面白かったです。最後まで一気に読めちゃいました。私が読んだ「恋空」は、上・下巻あったのですが、普段使っているスマホと同じように「横文字」で書かれていたので、3時間くらいで読めました。



なるみ

 私もすぐ読めました。ただ、ところどころ分からない箇所が多くて、戸惑いもありました。例えば、このいきなり出てくる「ポエム」。最初はどう解釈していいか分かりませんでした。



急に出てくるポエム


ゆうか

 確かに私もありました。浜崎あゆみ(?)さんの“詩”が急に出てきて、なんでだろう? って思いました……。



筆者

 浜崎あゆみ、まさか知らないの?!



ゆうか

 名前は知ってますが、ちゃんと聞いたことはないかもしれないです。



筆者

 まじですか。



ゆうか

 あとは「PHS」とか「小文字」とか……なんだろうって。



筆者

 PHSは昔のケータイで、主に電話をするためだけのものだったんですけど、小文字とはなんのことでしょう?



ゆうか

 「ありがとう」を「ぁりがとぅ」って書いているところです。読んでて気持ち悪くなっちゃいました……。



筆者

 ああ……それは「ギャル文字」という文化でして、当時とても流行ったんですよ。むしろ、小文字を使うことによって、かわいさとか個性を出していたんです。



なるみ

 LINEスタンプみたいな感じですか?



筆者

 まあ、そんな感じですね(笑)。





なるみ

 あと物語のほとんどが、出てくる人たちの「会話」だけで進行していったので、この人たち、本当はどんなことを考えているんだろう? って疑問が湧いていました。



筆者

 なるほど。確かにケータイ小説には、情景や心理描写がほとんどなくて主に登場人物の会話のみでストーリーが展開していくんです。それはスラスラ読めた要因かもしれないですね。



ゆうか

 あ、あと、ヤンキーの人がよく出てきたんですけど、私ヤンキーを見たことがなくて……本当にいるんだって思いました。



筆者

 まじですか。



ゆうか

 遊びに行く場所も「河原」なんて行かないですし、プレゼントに「Zippo」っていうものをあげているし、ちょっとよく分かりませんでした。



筆者

 「Zippo」っていうのはライターのことです。その頃、2つで1つの「ハート」を表現したZippoがなぜか流行ったんですよ。

 ちなみに、普段遊びに行くとしたらどこに行くんですか?



ゆうか

 インスタで調べたオシャレなカフェに行きます!



筆者

 なるほど……。ちなみにケータイ小説が今の時代に流行っていたら、読んでみたいと思いますか?



なるみ

 そうですね……。話自体はわりと面白かったので、今の時代に合わせたストーリーになっていたら……。例えば話の中にインスタとかが出てきたら、読みたいなって思いますね。



ゆうか

 私も同じ意見です。ただ今回読んだ話は、子どもを産んだり、ドラッグをする人がいたりと、いろんな要素が詰まりすぎてて、正直こんな女子高生いるの? って思ってしまいました。10年前と比べて、環境が変わっているってことなのでしょうか。



筆者

 そうですね……。確かに東京でもギャルっぽい女子高生とかは少なくなってきていますし、治安もよくなっているかもしれません。郊外はまた異なるかもしれませんが……。



ゆうか

 本に出てくる人たちにちょっと共感ができなかったので、別の世界の人かな? って感じで読み進めました。そういうフィクション的な見方で読めば、面白いなって。



筆者

 ありがとうございました!



ケータイ小説を読んでみたくなりましたか?

 10年前に大流行したケータイ小説。「もちろん読んだことあるよ!」という人もいれば、「興味がなかった」という人もいるでしょう。

 世の中が「ケータイ」から「スマホ」になった今でも、老舗ケータイ小説サイト「魔法のiらんど」や「野いちご」の運営は続いています。本記事を読んで気になった方は、一度読んでみてはいかがでしょうか。また、刊行されている10年前のケータイ小説には、その当時の「リアル」が描かれているので、その頃高校生だった方は思いをはせることができると思いますよ。

 余談ですが、筆者が高校生だった頃、アルバイト先の本屋さんでケータイ小説「赤い糸」の実写映画の撮影が行われました。なぜかエキストラとして選ばれ、レジを打つアルバイト役を演じたのですが、本記事を執筆する際にそのことを思い出してTSUTAYAでDVDをレンタルしてみました。すると、見事にレジ打ちの部分だけカットされていたのです。フジテレビさん、なんでカットしたんですか!?

長橋諒

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」