ニュース
» 2017年07月18日 13時35分 公開

シロナガスクジラの全身骨格が宙づり! 約25メートルの標本を見上げられる壮大な展示 英博物館で

1891年の標本を補修し中央ホールで豪快に展示。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 シロナガスクジラの全身骨格標本を、ロンドン自然史博物館が7月13日(現地時間)に展示しました。中央ホールの天井から、全長25.2メートルの標本を宙づりにする豪快なディスプレイ。現地で見上げたらさぞ壮観でしょうね……。


左サイド
右サイド
側面
上面
引き 壮大にして華麗な展示

 クジラは1891年にオックスフォード・ハーバーへ打ち上げられていたところを、同博物館が買い取ったもの。2015年までは哺乳類ギャラリーで部分的に展示されていましたが、その後本格的な展示への取り組みが始まりました。


戦前 戦前に展示が試みられたときの作業風景

 標本を構成する骨は221本。脊椎の間を新聞紙で埋めるといった、1930年代に施された古い処置が残っていたといいます。そこで保全チームは欠けた右ヒレを3Dプリンタで補修するなど、新たな手法で全身の骨格を形成しました。

3年かかったという作業の様子

 地上にはキリンや恐竜の骨格標本も展示されており、館長は「クジラを現存する種と絶滅種との間に置くことは、生命の脆弱さと私たちの地球に対する責任を強く思い起こさせるものです」とコメント。「持続可能な未来作り」の象徴として、クジラは「ホープ」と名付けられています。


お披露目 盛況なお披露目のもよう

(C)The Trustees of the Natural History Museum, London

(沓澤真二)


関連キーワード

クジラ | 博物館


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する