ニュース
» 2017年07月22日 22時00分 公開

「ごく普通のシカのゲームです」 → 何一つ普通じゃない狂気のシカゲーが話題に 開発の経緯を聞いた

作者いわく「ごく普通のシカのゲーム」……「普通」とは。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「ごく普通のシカのゲーム」として公開された開発中のゲームが、Twitterで異彩を放っています。デモ動画には、シカが首を伸ばしてツノを上空の足場へ刺し、首が元に戻る勢いで跳び上がる姿が。うん、まったくもって普通……なわけあるかーい!



シカ ああ確かに普通のシ……カ?

シカ ポインターの指す方向に首がビヨーン

シカ ツノを引っかけて、勢いで対岸へゴー。見た目は異様だけど楽しそう

 どうやらこのゲーム、「トップシークレット」や「海腹川背」などに連なるグラップリングアクションのようです。現時点では謎が多すぎるので、開発者のNASPAPAさん(@NANDEMOYARUDEN)に取材してみました。



 なぜシカなのか聞いてみたところ、最初は昔から思い描いていた「キリンの首を伸ばすゲーム」を作るつもりだったそうです。ところがキリンのモデルをかっこよく作れず、とりあえず手ごろなシカを作成。その過程で「ツノを足場にひっかけたら面白いのでは?」という発想が生まれたということです。なんというか、ケガの功名だった。


シカ キリンの作成がうまくいかなかったおかげでユニークな作品に

 開発に着手したのは3日ほど前のことで、ステージやストーリーの作成はこれから。リリースは2〜3カ月後を目指しており、対応OSはAndroidとiOS、できればSteamでも配信したいそうです。

 最終的には首の伸縮を生かしたパズル要素と、アクションを融合したゲームとなる見込み。どんなストーリーか聞いたところ、「奈良を舞台にした感動もの」と、どうすればそうなるのかよく分からない回答。大きな仏に挑むボス戦も考えているそうです。取材した結果さらなる謎が増えてしまいましたが、リリースが楽しみです。


画像提供:NASPAPAさん(@NANDEMOYARUDEN

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響