ニュース
» 2017年07月24日 11時48分 公開

ティラノサウルスはのろまだった? 「動物の最大移動速度」を決めるのは体の大きさではなく“体重”――ドイツの研究で明らかに

全ての動物に適応可能とのこと。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 地上最大の動物はアフリカゾウですが、アフリカゾウの走る速度は決して「地上最速」ではありません。体が大きければそれだけ筋肉量も増え、早く動けそうなものですが、実際には体の大きさと移動スピードは必ずしも比例していません。


動物の最大移動速度 地上最大の動物であるアフリカゾウ

動物の最大移動速度 実際の「地上最速」はチーター

 これはなぜなのか、ドイツの研究機関「German Centre for Integrative Biodiversity Research(iDiv) 」と、ドイツの大学「フリードリヒ・シラー大学イェーナ」の指導の下にある研究チームは「身体の大きな動物が、なぜ早く走れないのか」という研究を行い、その結果として「あらゆる動物の最大移動速度を推測可能な数学的モデル」を発見しました

 この数学的モデルは比較的単純なもので、動物の最高速度を求めるのに必要な数字は「動物の重さ」と「動物が移動する場所(地上、空中、水中など)」のみ。たったこれだけのデータで、その動物の最大移動速度が約90%もの精度で求められるというのです。


動物の最大移動速度 体重と最高速度の相関図(論文より)

 さらに興味深いことに、この数学的モデルは地球上に存在している全ての動物種のみならず、既に絶滅してしまった動物種にも適応可能とのこと。

 そして研究チームは研究の一環として、現在では絶滅してしまった恐竜たちの移動速度を求めました。トリケラトプス、ブラキオサウルスなど複数の恐竜と同時に計算を行ったところ、史上最大級の肉食恐竜ティラノサウルスの最高走行速度は時速27キロ、という結果が出たといいます。


動物の最大移動速度 ティラノサウルスの走りは意外と遅かった?

 この時速27キロというのは大体、慣れた人が走らせるロードバイクの平均速度程度の速さです。映画「ジュラシック・パーク」では人間たちを素早い動きで追い詰めていたティラノサウルスですが、実は自動車でいとも簡単に振り切れていたのかもしれません。

 研究チームは「この数学的モデルを使用すれば、絶滅してしまった種であっても、その移動速度を簡単に求められる。今後の古生物学に役立つのではないか」とコメントしています。


たけしな竜美


関連キーワード

動物 | 恐竜 | ドイツ | 研究機関


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する