ニュース
» 2017年07月24日 19時29分 公開

製造に挑戦するのは1回だけ 「醸造家が消してしまう甘いバターのような香りを残したビール」クラウドファンディング

どんな味なんだろう……。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 サッポロビールの子会社ジャパンプレミアムブリューが、これまで意図的に作られてこなかった特殊なビールの製造に向け、「CAMPFIRE」でクラウドファンディングをスタートしました。

 醸造時に現れるものの、われわれの手にするビールではほとんど感じられない、甘いバターのような香りをあえて残しているとのこと。


失われた香りを求めて 最初で最後の異端のビール 今まで作られなかった、常識破りのビールに挑戦(Webサイトより)


失われた香りを求めて 最初で最後の異端のビール

 「失われた香りを求めて 最初で最後の異端のビール」は、醸造中に現れる「複雑で、甘いバターのような奥深い」香りを生かした製品。「爽快」「すっきり」というビールのイメージに合わないことから、醸造家のあいだではこの香りを消してしまうのが当たり前になっているそうです。なんだかもったいない話にも聞こえますが、ちゃんと理由があるわけですね。

 その常識にチャレンジしたビールだけあって「醸造技術を根本から見直し、醸造プロセスを大きく変える必要がありました」とジャパンプレミアムブリューの新井さん。材料面でも、香りにマッチしたホップを探すための試行錯誤を重ねたといいます。通常のビールとはかなり違うはずですが、いったいどういう味がするんだろう……。

 同ビールを製造するためには、最低でも3000箱分(350ml缶24本/箱)製造する必要があり、その購入者を募ることが今回のクラウドファンディングの目的。1万3000円の出資で1箱ゲットでき、発送は12月中旬以降に行われる予定です。また、そのほかのプランでは、試作品が飲める試飲会の参加権、オリジナルグラスなどを受け取ることも。

 なお、「最初で最後の異端のビール」という名前の通り、今回の製造が「最初で最後」になるとのこと。出資者数に制限があるので、味わってみたい方はお早めにどうぞ。


失われた香りを求めて 最初で最後の異端のビール 色はやや濃いようです


失われた香りを求めて 最初で最後の異端のビール 製造にチャレンジするのは、今回が最初で最後

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる