ニュース
» 2017年07月25日 15時30分 公開

ヤフオク!出品の重要刀剣「名物・乱藤四郎」に相次ぐ指摘 指定書にも不可解な点

入札が相次ぎ、300万円を突破しています。【更新】

[Kikka,ねとらぼ]

 ネットオークション「ヤフオク!」に出品されている重要刀剣「名物・乱藤四郎(みだれとうしろう)」について、日本刀剣博物技術研究財団が「当財団管理刀剣である乱藤四郎は手放されておりません」と声明を発表し、物議をかもしています。

【更新:2017年7月25日22時30分 出品がキャンセルされたことを確認しました】

名物・乱藤四郎 オークションに出品されている「名物・乱藤四郎(?)」の商品ページ

 話題になっているのは、粟田口吉光作の短刀「名物・乱藤四郎」とみられる刀についてで、7月20日から1万円で出品されています。その後7月25日までに120件以上の入札が繰り返され、記事執筆時点での価格は300万円を突破しています。

 ところがこの出品について、刀を管理する日本刀剣博物技術研究財団が「当方は一切関与しておりません」と告知。財団が管理する「名物・乱藤四郎」とヤフオク!に出品されている商品との相違点を挙げています。

 主な相違点は、刀に刻まれた「吉光」の銘の、“吉”の6画目(口の底の部分)が異なること、ハバキ(刀身の手元の部分にはめる金具のこと)が二重ハバキなのに、オークションに出品されているものは一重ハバキであること、付属している昭和50年発行の重要刀剣指定書については平成二十八年(2016年)に再発行されていることから、たとえ本物の指定書であったとしても無効であること、折り紙の内容(長寸の表記や代金の枚数、花押など)が相違していること、銃砲刀剣類登録証の発行日が不自然なことなど5カ所です。


名物・乱藤四郎 オークションに出品されている「名物・乱藤四郎(?)」の刃

名物・乱藤四郎 オークションに出品されている「名物・乱藤四郎(?)」の刀に刻まれた「吉光」の銘

 これについて、ネット上では「出品者を詐欺として通報しないのか」「博物館で期間限定で展示されるような貴重な刀が300万で」「本物の乱藤四郎には金では計り知れない価値があるんだよ」などの意見があがっています。

 出品されている「名物・乱藤四郎」の真贋の真相は一体どうなっているのか。編集部は重要刀剣の指定書を発行する「日本美術刀剣保存協会」に取材を申し込みました。

――出品されている「名物・乱藤四郎」の指定書について確認をしたいのですが、この書類は実在のものでしょうか

協会担当者:協会の台帳で指定番号の記録を調べたところ、その番号は別の刀の指定番号でした。また番号の発行が行われたのは昭和40年代であることから時代も違うようです。

――発行日は昭和50年、発行者は会長細川護立となっていますが

協会担当者:昭和50年当時の会長は本間順治ですので、細川ということはありません。


名物・乱藤四郎 オークションに出品されている「名物・乱藤四郎(?)」の重要刀剣の指定書には不自然な点が

――ということは書類は偽物ということでしょうか

協会担当者:協会の台帳の情報についてはお教えできますが、真贋についてはお答えしておりません。


 こうした指摘は出品者にも寄せられていますが、出品者はあくまでも「登録証は、教育委員会へきちんと確認も致しており、間違いの無いものだと保証させて頂きますので、ご安心下さいませ」と回答しています。編集部では詳細について、「名物・乱藤四郎」を管理する日本刀剣博物技術研究財団にも詳細を問い合わせています。

画像:オークションページより

(Kikka)

関連キーワード

オークション | 日本刀 | ヤフオク! | 入札 | 偽造


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる