ニュース
» 2017年07月25日 15時30分 公開

ヤフオク!出品の重要刀剣「名物・乱藤四郎」に相次ぐ指摘 指定書にも不可解な点

入札が相次ぎ、300万円を突破しています。【更新】

[Kikkaねとらぼ]

 ネットオークション「ヤフオク!」に出品されている重要刀剣「名物・乱藤四郎(みだれとうしろう)」について、日本刀剣博物技術研究財団が「当財団管理刀剣である乱藤四郎は手放されておりません」と声明を発表し、物議をかもしています。

【更新:2017年7月25日22時30分 出品がキャンセルされたことを確認しました】

名物・乱藤四郎 オークションに出品されている「名物・乱藤四郎(?)」の商品ページ

 話題になっているのは、粟田口吉光作の短刀「名物・乱藤四郎」とみられる刀についてで、7月20日から1万円で出品されています。その後7月25日までに120件以上の入札が繰り返され、記事執筆時点での価格は300万円を突破しています。

 ところがこの出品について、刀を管理する日本刀剣博物技術研究財団が「当方は一切関与しておりません」と告知。財団が管理する「名物・乱藤四郎」とヤフオク!に出品されている商品との相違点を挙げています。

 主な相違点は、刀に刻まれた「吉光」の銘の、“吉”の6画目(口の底の部分)が異なること、ハバキ(刀身の手元の部分にはめる金具のこと)が二重ハバキなのに、オークションに出品されているものは一重ハバキであること、付属している昭和50年発行の重要刀剣指定書については平成二十八年(2016年)に再発行されていることから、たとえ本物の指定書であったとしても無効であること、折り紙の内容(長寸の表記や代金の枚数、花押など)が相違していること、銃砲刀剣類登録証の発行日が不自然なことなど5カ所です。


名物・乱藤四郎 オークションに出品されている「名物・乱藤四郎(?)」の刃

名物・乱藤四郎 オークションに出品されている「名物・乱藤四郎(?)」の刀に刻まれた「吉光」の銘

 これについて、ネット上では「出品者を詐欺として通報しないのか」「博物館で期間限定で展示されるような貴重な刀が300万で」「本物の乱藤四郎には金では計り知れない価値があるんだよ」などの意見があがっています。

 出品されている「名物・乱藤四郎」の真贋の真相は一体どうなっているのか。編集部は重要刀剣の指定書を発行する「日本美術刀剣保存協会」に取材を申し込みました。

――出品されている「名物・乱藤四郎」の指定書について確認をしたいのですが、この書類は実在のものでしょうか

協会担当者:協会の台帳で指定番号の記録を調べたところ、その番号は別の刀の指定番号でした。また番号の発行が行われたのは昭和40年代であることから時代も違うようです。

――発行日は昭和50年、発行者は会長細川護立となっていますが

協会担当者:昭和50年当時の会長は本間順治ですので、細川ということはありません。


名物・乱藤四郎 オークションに出品されている「名物・乱藤四郎(?)」の重要刀剣の指定書には不自然な点が

――ということは書類は偽物ということでしょうか

協会担当者:協会の台帳の情報についてはお教えできますが、真贋についてはお答えしておりません。


 こうした指摘は出品者にも寄せられていますが、出品者はあくまでも「登録証は、教育委員会へきちんと確認も致しており、間違いの無いものだと保証させて頂きますので、ご安心下さいませ」と回答しています。編集部では詳細について、「名物・乱藤四郎」を管理する日本刀剣博物技術研究財団にも詳細を問い合わせています。

画像:オークションページより

(Kikka)

関連キーワード

オークション | 日本刀 | ヤフオク! | 入札 | 偽造


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」