ニュース
» 2017年07月26日 19時25分 公開

シンガポールの写真家(50歳)が「見た目が若すぎる」と海外で話題に タイムスリップを疑うレベルでお肌ピチピチ

しかも、脱いだらムッキムキ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 見た目が若すぎるシンガポールの写真家・Chuando Tanさんが、海外で話題になっています。筆者には20歳台前半にしか見えないのですが……何歳くらいだと思います?

 シンガポールの大手新聞ザ・ストレーツ・タイムズのインタビュー記事によると、Chuandoさんは1967年生まれ。年齢をまるで感じさせない若々しすぎる外見から、海外では「20歳の体を持った50歳の写真家」などと紹介されています。確かにピチピチな肌や、腹筋が6つに割れたマッチョな体つきは、どう見ても中年のそれではありません。

 Chuandoさんは15歳でファッション業界に入り、1980年代後半から90年代初めにかけてシンガポールの人気モデルとして活躍。14年間の活動後、1996年にファッション写真家に転身しました。撮られる側から撮る側にシフトして約20年たった現在も容姿はまったく衰えておらず、同氏のInstagramには、大学生と言われても信じてしまいそうな自撮り写真が多数投稿されています。


若すぎるシンガポールの写真家・Chuando Tanさん このインタビュー記事が制作されたのは2006年。ファッション業界でいち早く写真のデジタル加工を取り入れたことなどもあり、当時から有名人だったようです

 海外メディア「Bored Panda」によれば、Chuandoさんは若さの秘けつとして「深夜、早朝の入浴を避けること」「海南チキンライス(鶏肉を使った東南アジア料理)を食べること」などを挙げているとのこと。数十年にわたってイケメンでいつづけるためには、日々の生活管理が欠かせないようです。


若すぎるシンガポールの写真家・Chuando Tanさん Chuando TanさんのInstagramアカウント

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」