ニュース
» 2017年07月27日 15時48分 公開

トランプ大統領の「トランスジェンダーが軍で働くことを認めない」発言、政財界・芸能界から批判の声多数

大統領は医療費の負担増などを理由としていますが、「全ての愛国者が軍に奉仕できるべき」との批判が強まっています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 トランプ大統領(@realDonaldTrump)が7月26日、Twitterで「米国政府はトランスジェンダーが軍で働くことは認めない」との方針を示しました。理由は医療費の負担増など。一連の発言は波紋を呼び、各界から批判の声が上がっています。


 オバマ前政権が2016年に発表していた、トランスジェンダーの入隊を許容する方針が覆されたとあって、アメリカ自由人権協会(ACLU)は抗議文を公開。前副大統領のジョー・バイデンが「我々の軍隊に奉仕する資格のある愛国者たちは全員奉仕できるべき」、民主党トップのナンシー・ペロシが「69年前にトルーマン大統領は米軍から差別を排除した。今朝トランプはポリシーを偏見へ転換した」と、政界の要人も苦言を呈しています。


 自身が同性愛者だと公表しているAppleのCEO、ティム・クックは、「我々は(軍に)奉仕する全ての人から恩恵を受けている。誰かへの差別は誰にも戻ってくる」とコメント。IT界ではGoogle、Twitter、Facebookでも、CEOが批判の意を示しています。


 レディー・ガガや、同性愛者と公言している俳優、ジョージ・タケイなど、芸能界からも反発が。マーク・ハミルはInstagramに敬礼する写真を投稿し、現在米軍で働いているトランスジェンダーに敬意を示しています。また、性転換した元メダリスト、ケイトリン・ジェンナー(関連記事)は、トランプ大統領が大統領選前に公言していた「LGBTのために戦う」とのツイートを引用し、「約束はどうなったの?」と指摘しています。


 NHKの報道によると、ホワイトハウス前とニューヨークでは抗議集会が開会。米医師会も、大統領が根拠とする医療コストについて「国防予算の誤差の範囲であり、トランスジェンダーが奉仕する機会を拒否する口実とするべきではない」と指摘しているとのことです。





(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン