ニュース
» 2017年08月04日 18時00分 公開

無表情女子とゼロ距離会話 『阿波連さんははかれない』阿波連さんの顔が近すぎる件あのキャラに花束を

女の子に密着されて理性が揺るがない少年側がすごい。

[たまごまご,ねとらぼ]

 2人いる時どういう位置に座ろう? この話題だしていいんだろうか? 相手が黙っているのって自分を嫌いだからなのかな? ああ悩ましい。

 今回ご紹介するのは、人との距離が全くはかれない女の子のコメディ『阿波連さんははかれない』(水あさと)の阿波連れいな。無表情キャラ界の期待の星です。

近づきすぎ&離れすぎ、阿波連さん


画像 ちっちゃくてミステリアスな彼女……かと思ってたんだけどなあ

 ライドウくんの隣の席の、阿波連(あはれん)さん。無口で、小柄で、無表情で、声の小さな女の子。嫌われてるのかなと感じるくらい素っ気ない。

 ある日、ライドウくんは彼女の消しゴムを拾ってあげます。すると阿波連さん、なぜか一気に物理的に距離を詰めてきます。顔を超絶至近距離まで近づけてくる。いやいや急激に接近しすぎじゃね? でも表情は変わらないし、声も聞こえない。何考えているのか、とんとわからない。

 どうやら彼女は、相手との距離の適正値がわからないガールだったようです。

近いよ! 阿波連さん

 女の子に近づかれて困る男子って、そうそういないと思う。ただ、相手がしゃべらない時、どう反応すればいいのか、だいぶ困る。

 阿波連さんはライドウくんにべーーーったりです。密着というか吸着。四六時中そんなんだから、だいぶ邪魔。せめて一言あれば、何を考えているかわかって安心できるのに。


画像 近い。物理的に近すぎる。なんというか、悪かないけど、困る(1話)

 よく聞くとボソボソとしゃべっているので、聞き取ることはできます。でも鼻がくっつくほど至近距離じゃないと聞こえません。

 さほど親しくないのに突然一緒にカラオケに行く。一緒にプリを撮る。お弁当をあーんさせる。うれしいとか以前に「なんで?」。

 ライドウくんはかなり肝の座った少年で、ちょっとやそっとじゃ揺らがないのですが、さすがに密着状態は「近くね」と困惑します。

遠いよ! 阿波連さん

 一方で一度離れると決めると、もんのすごい勢いで距離をおく阿波連さん。思いっきり離れようとします。


画像 あーん遠くね(7話)

 弁当時に距離を置こうとする阿波連さん。やらなきゃいいのにどえらい長い箸で「あーん」をしようとする。近いのか遠いのかわからん……。

 彼女には「中間」がない。すっごい近いか、すっごい遠いかの二択。極端すぎて笑えるのですが、さすがにこれを繰り返すと、心配になってくる。阿波連さん、そんな無理しなくていいんだよ?

人との距離ってわかんないよ

 人はパーソナルスペースを個々に持っています。自分を中心に、それ以上近づかれると不快感を感じる空間のこと。一般的には4種類にわけられます。

  • 「先生と生徒」などの3m以上
  • 「他人」「知らない人」との2m
  • 「友人・家族」などの70cm(手を伸ばした範囲内)
  • 「密着」の0〜30cm

 日本だと特に何もない限りは、2番めの2m以上が平均的に適度な間隔。空いているベンチとか男子トイレだと、自然とそれくらい距離を取ります。手をつないだり握手したりするのは、70cm範囲内。30cmは、ハグしたりキスしたりする、スキンシップの距離。この感覚の個人差がかなり大きいので、わからないで踏み込むとトラブルになりがち。

 ライドウくんと阿波連さんは、最初は友人ではありませんでした。だからここでいうと2mは離れていたはず。ところが阿波連さんはいろいろすっとばして、突然30cm圏内に入ってきたもんだから、びっくり。

 彼女はこのパーソナルスペースのバランス間隔が、一般的なものと異なる様子。


画像 わからないから、受け止めようとしてくれること自体がうれしい(7話)

 相手の心のデリケートなところに踏み込んで、傷つけてはいないか。嫌われてはいないか。自分のバランスのとれなさに悩む彼女に、ライドウくんは言います。

 「阿波連さんには、いつも通りでいてほしい。阿波連さんとは、いつもの距離でいたい」

 先ほどのパーソナルスペースの問題は、あくまでも一般論。阿波連さん……は極端だけど、距離感が異なる人がいたとしても、「そういうもの」とわかっている相手がいるなら、深刻な問題ではない。

 ライドウくんは、まあ困っていないと言ったらウソになる。それよりも阿波連さんが気楽に、自分と一緒に過ごせる状況を作ることを選びました。

 もし阿波連と自分がくっついて歩いていたら、人はうわさするかもしれない。恋人なわけじゃないし、阿波連さんにも自分にもよくないかもしれない。

 でもいいじゃん、言わせておけよ。人の目なんて気にしなくていい。君とオレとの距離は、これで正しい。


画像 気遣いの物語(10話)

 話が進むと、阿波連さんがものすごくライドウくんに対して気を使うようになります。無表情少女の気持ちがわかった時のドキドキ感半端じゃない。2人だけの秘密じゃん!

 相手との距離は「測れない」し、人の考えは「推し量れない」し、相手の人柄なんて「計り知れない」。2人とも、手探りです。


画像 犬の散歩をする阿波連さん(4話)

画像 かわいい(4話)

 ちなみに、この2人の組み合わせが好きな人は、同じ作者の『デンキ街の本屋さん』の腐ガール・ソムリエカップルもお気に召すと思います。



たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」