ニュース
» 2017年08月09日 18時43分 公開

日清食品、復刻販売した「ラ王焼そば」の巨大アスキーアート公開 約2万字の商品紹介文がびっしり

「ケータイ小説風」「ビジュアル系バンド風」などに書き分けた長〜い紹介文。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 「日清ラ王」発売25周年を記念して、このほど復刻商品の販売がスタートした「ラ王焼そば」。その魅力を約2万文字で表現したアスキーアートが公開されました。デカい(確信)。


復刻した「日清ラ王 焼そば」の巨大アスキーアート 「ラ王焼そば」が巨大アスキーアートに(Webサイトより)

 アスキーアートは、黒文字の位置やサイズを調節することで「ラ王焼そば」のパッケージを表現したもの。文字数は約2万に及び、同商品を紹介する文章から作られているそうです。ただし、ひとつひとつが小さすぎるため、常人の視力と忍耐力で読解するのは不可能だと思われます。

 アスキーアートが掲載された特設サイトには、その文章が読みやすくレイアウトされたページも。「ケータイ小説風」「ビジュアル系バンド風」など10種類に商品紹介を書き分けることで、めちゃくちゃ長〜い文章を実現しているようです。しかし、その内容は、架空のバンドが同商品をテーマにした謎の楽曲「甘美ナル黒キ誘惑」を歌いだすなど、かなり斜め上。もしかして力技で字数増やしてませんか、日清食品さん?

 また、小学生の作文をモチーフにしたものは、「ラ王焼そば」について調べた女の子が「わたしがラ王焼そばから学んだのは、努力し続けることの大切さです」「白い体操服があめ色に変わるぐらい、ランニングを頑張ろうと思いました」と決意する不思議な展開。商品情報を無理に入れようとした結果、感受性が豊かすぎる人物設定になってしまったようです。


復刻した「日清ラ王 焼そば」の巨大アスキーアート 「ラ王焼そば」を買おうとしたら、なぜかイケメンと出会う「ケータイ小説風」。……あれ、イケメン死んでる?(Webサイトより)


復刻した「日清ラ王 焼そば」の巨大アスキーアート 「ラ王焼そば」をテーマにした架空の楽曲「甘美ナル黒キ誘惑」。1人でカップ麺を食べているだけなのに、このかっこよさ(Webサイトより)


復刻した「日清ラ王 焼そば」の巨大アスキーアート 小学生女子の作文風にしたもの。人生で大切なことは「ラ王焼そば」から学べたようです(Webサイトより)

 ちなみに、2万文字の文章の中には、「ラ王焼そば」が合計100人に当たるTwitterキャンペーンの情報も。日清食品は文章の冒頭部分で「最後まで読んでくれたら、良いことあるかも?」とほのめかす形で告知しています。……参加したい人は、自力で該当の文章を探してくれ、ってことかな?

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン