ニュース
» 2017年08月14日 14時19分 公開

でっちあげた「人気インスタグラマー」を企業は宣伝に採用するのか? 米マーケティング企業の実験がまさかの結果に

架空のモデルと写真家のアカウントを作成し、フォロワーと「いいね」を購入して人気アカウントに仕立て上げたら……?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 買ったフォロワーと「いいね」で仕立て上げられた「人気のInstagramアカウント」を、企業は宣伝に採用するのか? そんな実験を米カリフォルニアのマーケティング企業mediakixが実施しました


公式ブログ mediakix公式ブログ

 企業がSNS上で影響力のある人(インフルエンサー)に製品やサービスを紹介してもらう宣伝手法は近年急増しており、同社によるとInstagramにおける市場規模は10億ドル(約1000億円)にも及ぶそうです。しかし、インフルエンサーの中に、業者からフォロワーを購入して偽の人気を演出し、企業との契約を狙っている者がいる可能性は否めません。

 こうした背景から、同社は実体のない2つのアカウントを作成して実験を開始。1つは「ファッションとライフスタイルに影響力がある地方モデル」と設定した「calibeachgirl310」で、1日の写真撮影だけで全体のコンテンツを制作しました。


架空モデル 架空モデルのアカウント・calibeachgirl310

 もう1つの「wanderingggirl」は、旅行写真家を装ったアカウント。コンテンツはフリー素材の画像だけで制作しています。現実味を強めるため、女性のバックショットが入った写真を織り交ぜる細やかな工夫も。


写真家 架空の写真家アカウント「wanderingggirl」

 次に各アカウントのためフォロワーを購入。一度に不自然なほどフォロワーが増えると運営に疑われる懸念があったため毎日1000人分ずつ購入しましたが、特に問題なく万単位のフォロワーが集まりました。ちなみに価格は1000人あたり3〜8ドルだったとのこと。

 続いてコメントを1件12セント、「いいね」を1000件4〜9ドルで購入。各写真ごとに、10〜50件のコメントと500〜2500の「いいね」がつきました。

 同社はこのようにさも人気のありそうなアカウントを作成し、毎日新しい広告キャンペーンに申請を続けました。その結果、両アカウントとも複数のブランドで宣伝に採用。金銭的報酬やモニター用製品が提供されたとのことです。

 実験結果から、300ドル(約3万円)程度の出費で「人気アカウントは作れる」ことが分かりました。mediakixは、こうした広告詐欺的なインスタグラマーはますます一般化し、企業から大金をせしめる可能性があると警鐘を鳴らしています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」