ニュース
» 2017年08月14日 14時19分 公開

でっちあげた「人気インスタグラマー」を企業は宣伝に採用するのか? 米マーケティング企業の実験がまさかの結果に

架空のモデルと写真家のアカウントを作成し、フォロワーと「いいね」を購入して人気アカウントに仕立て上げたら……?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 買ったフォロワーと「いいね」で仕立て上げられた「人気のInstagramアカウント」を、企業は宣伝に採用するのか? そんな実験を米カリフォルニアのマーケティング企業mediakixが実施しました


公式ブログ mediakix公式ブログ

 企業がSNS上で影響力のある人(インフルエンサー)に製品やサービスを紹介してもらう宣伝手法は近年急増しており、同社によるとInstagramにおける市場規模は10億ドル(約1000億円)にも及ぶそうです。しかし、インフルエンサーの中に、業者からフォロワーを購入して偽の人気を演出し、企業との契約を狙っている者がいる可能性は否めません。

 こうした背景から、同社は実体のない2つのアカウントを作成して実験を開始。1つは「ファッションとライフスタイルに影響力がある地方モデル」と設定した「calibeachgirl310」で、1日の写真撮影だけで全体のコンテンツを制作しました。


架空モデル 架空モデルのアカウント・calibeachgirl310

 もう1つの「wanderingggirl」は、旅行写真家を装ったアカウント。コンテンツはフリー素材の画像だけで制作しています。現実味を強めるため、女性のバックショットが入った写真を織り交ぜる細やかな工夫も。


写真家 架空の写真家アカウント「wanderingggirl」

 次に各アカウントのためフォロワーを購入。一度に不自然なほどフォロワーが増えると運営に疑われる懸念があったため毎日1000人分ずつ購入しましたが、特に問題なく万単位のフォロワーが集まりました。ちなみに価格は1000人あたり3〜8ドルだったとのこと。

 続いてコメントを1件12セント、「いいね」を1000件4〜9ドルで購入。各写真ごとに、10〜50件のコメントと500〜2500の「いいね」がつきました。

 同社はこのようにさも人気のありそうなアカウントを作成し、毎日新しい広告キャンペーンに申請を続けました。その結果、両アカウントとも複数のブランドで宣伝に採用。金銭的報酬やモニター用製品が提供されたとのことです。

 実験結果から、300ドル(約3万円)程度の出費で「人気アカウントは作れる」ことが分かりました。mediakixは、こうした広告詐欺的なインスタグラマーはますます一般化し、企業から大金をせしめる可能性があると警鐘を鳴らしています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」