ニュース
» 2017年08月15日 21時00分 公開

ツンデレかわいい“サメ女子”と恋するサメギャルゲー「Shark Dating Simulator XL」が人類には早すぎる

ポロリもあります。困ったことに。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 恋愛ゲーム界には恋愛対象が恐竜だったり馬だったり、たまに種族を超越した作品が生まれることがあります(関連記事1関連記事2)。8月15日にSteamで発売されたビジュアルノベル「Shark Dating Simulator XL」もその1つで、相手役は正体不明の“サメ女子”。うーん、人魚姫のようなものと思えば、案外アリなのかもしれない。


サメ ヒロインはあとで変身しますが、全編ほぼサメの姿です

 定価98円とリーズナブルなこともあり、さっそく購入してプレイしてみました。主人公はスキューバダイビングスクールの卒業生。なぜか学者の依頼で、近海にいるという「しゃべる魚」を調査することになります。いざ沈没船を探索すると……きた! 少々かわいくデフォルメされたサメきたよーっ!


学者 しゃべる魚がいるとの地元漁師のうわさをもとに調査へ

サメ 沈没船を探ったら、本当にしゃべるサメがいたーっ! 「出て行かないと強く噛むわよ!」とかこえーよ……

 彼女は機嫌が悪いのか空腹なのか、「出て行かないと強く噛むわよ」とケンカ腰。開発者が日本アニメのファンらしく、アスカチックなボイスを織り交ぜつつローマ字で「BAKA」を連呼してきます。しかし紳士的にふるまっていたら、あっさりデレて上機嫌に。好感度アップを示す(らしい)ボールが、何の説明もなく降ってきました。


ボール 降り注ぐボール。あとで重大な意味を持つことが分かる

 調査を重ねてなぜしゃべれるのか聞くと、「女の過去を深く知りたいのならデートに連れてって」と言われ、図らずも約束することに。いざ待ち合わせ場所に着いたら、完全にデレた彼女が「Senpai!」とローマ字表記で慕ってきました。海底のバーで会話を弾ませると、一応伏せておきますが彼女の秘密がだいたい明らかに。


バー タコがマスターのバーで楽しくデート

 バーをあとにして沈没船へ戻ると、彼女は半人半サメの姿に変身。サメベースの人魚なんて想像したこともなかった。浜辺へ上がって見つめ合いとてもいい雰囲気になりますが、ここで彼女が「あなたの紳士的なふるまいで、たくさんボールがたまりました。これを使ってミニゲームで180点以上取ってね(要約)」と突然のメタ発言。このボール、そんな意味があったの?


変身 魔法少女のようなエフェクトで変身!

半人半サメ 一般的な人魚のイメージではなく、サメと人間を全体的に混ぜ合わせたような姿に。サメのまんまのほうがかわいかったかも(錯乱)

ミニゲームへ 「たくさんボール集めてね!」と、唐突にミニゲームへ突入

 困惑しているうちに、パチンコのようなミニゲームがスタート。手持ちのボールを投下してハートマークを消していくと……この先はアダルトな描写もあるので割愛しますが、規定スコアを達成したら2人はなんとなく結ばれました。結局彼女の謎の全ては分かりませんでしたが、マルチエンディング方式なので、プレイを重ねればいずれ明らかになるかもしれません。


ミニゲーム これまで集めたボールを投下して、ハートを消していくミニゲーム。スコアの上昇に伴い、彼女の姿がセクシャルになります

 同作は「早期アクセス」形式でリリースされた、テキストの早送りやバックログといった便利機能はおろか、セーブ機能すらない未完成品。タイトル画面では将来的な「ナース編」「GREEN(植物?)編」「ゴブリン編」の実装がほのめかされており、今後のアップデートが楽しみです。特にゴブリン。


タイトル GREEN編もゴブリン編も気になりますが、ナース編だけ普通なのが不自然すぎるので、もしかしたら「NURSE」は「看護師」以外の意味なのかもしれません

(沓澤真二)


関連キーワード

サメ | ゲーム | ギャルゲー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる