ニュース
» 2017年08月17日 11時30分 公開

ドラクエ11の「マジスロ」が面白すぎて世界が救えない件(2/2 ページ)

[たろちん,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 現在のパチスロはギャンブルとしての規制がかなり厳しくなっていて、相当な制約がある。その規制とは一言でいうなら「勝てすぎても負けすぎてもダメ」というものだ。

 例えば約300枚のコインが出る大当たりを引いても、現実のパチスロではいきなり300枚ドバッと払い出されるわけではない。「ボーナスゲーム」で10数枚の小役を何度もそろえる「消化」の作業が必要になる。その消化の単調さを解消するために「大当たりじゃなく小役がそろいやすい状態ですよ」という疑似的な大当たりを作って、消化中にもゲーム性やワクワク感を持たせたのが「AT(アシストタイム)」「ART(アシストリプレイタイム)」といった仕様の機種なのだけど、詳しい説明はややこしいので割愛する(既にややこしい)。

 パチスロは規制の抜け道を探る中で画期的なゲーム性を生み出してきた、という背景がある。そこは「ギャンブル」としての宿命であり、現実で数百円分のコインがちまちま出続けてくると思えば至福の雑用にもなるのだけど、「ゲーム」として見たときには正直かったるいことも多い。

 だけどマジスロはパチスロではないのでそんな事情は無視できる。7がそろうとドカーンと数百枚のコインが出てくる。そしてすぐにリプレイがそろいやすい「ボーナスゲーム(パチスロ的にはリプレイタイム)」が始まり、連チャンをかけた次のボスと戦う仲間を集めたり、一撃数千枚の期待がある「しもふりチャンス」に夢を見たりとさまざまな可能性を楽しめる。パチスロ的に言うと「A+RTの上乗せ特化ゾーンあり(消化不要)」みたいな感じだけど別に覚えなくてよいです。

 つまり、マジスロはパチスロのストレスになる要素がきれいに削除された「理想の台」なのだ。唯一ストレスになるのは「当たらない」ということだけど、カジノにいるバニーのおねえさんに聞けばねらい目の台を教えてくれるので問題ない。現実でこんな店員がいたら当然大問題になるけどゲームなのでセーフだ。

 老婆心ながら付け加えると、現実にこんなに出る台はないので、「マジスロが面白かったから現実のパチスロを打ちに行こう」とは思わないほうがいい。普通に負けます。

「ゲームとしてのパチスロ」の完成形

 マジスロは恐ろしく挑戦的なゲームだ。普通のドラクエプレイヤーに「弱スイカ」と「強スイカ」の違いや「リプレイ外し」の意味はわからないと思う。だけどそうしたガチ要素をしっかり押さえた上でパチスロ初心者にも楽しめるゲームにしようとしている。ミニゲームの説明が5ページにも及び、それでも説明不足というところでその気合を感じてほしい。マジでマジックみたいなスロットなのだ。

 マジスロがスロ初体験という人が、いきなりそれぞれの出目の意味を理解して楽しむのは無理なので、まずはバトル中の「リプレイ外し」の目押しを楽しむのがいいと思う。スラりんたちと敵が戦う「チャレンジバトル」では、プラムなどの小役がそろうと味方の攻撃、リプレイがそろうと相手の攻撃になるというのが基本ルールだ。

マジスロ 目押しの技術力が試される「リプレイ外し」

 ただし、その一部は左リールにBARや7をねらって止めることでリプレイがそろうのを回避、つまり相手の攻撃を避けることができる。これが成功した時、ただの運ゲーだけではないスロットの自力感、俺TUEEEE感を味わうことができる。

 マジスロにはスラりんが冒険するという「物語」、打ち手の技術や知識の向上という「レベルアップ」、そして大当たりや連チャンという「クリア」のカタルシスがある。RPGの面白さとパチスロの面白さというのはそもそも相性がいい。ゲームに特化したスロットとして作られた「マジスロ」が面白いのは当然のことなのだ。

 そんなわけですっかり魔王を放置してしまった筆者は今、「カジノで過ぎ去りし時を求めて」大急ぎで本編を進めている。

たろちん

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」