ニュース
» 2017年08月18日 23時17分 公開

懐かしい「ゲームブック」の仕組みを使ったブログ記事が話題に 選択肢をクリックするとリンク先で物語が進行

ゲームブックを知らない世代からは「新しい」「驚いた」といった感想が。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 はてなブロガーの坂津佳奈さんが、自身のブログで「生存率4.17%のアドベンチャー」と題した実験的な記事を公開しました。内容は、選択肢をクリックすると別記事にジャンプし、選択に応じた展開が読める仕掛けの物語。まるで80年代に流行した「ゲームブック」のようです。


ブログ 坂津さんのブログ『かなり』

 ゲームブックとは随所に選択肢が設けられた小説のような形式のゲームで、「ファイティング・ファンタジー」や「グレイルクエスト」シリーズなどが有名です。物語は番号を振られた多数の段落から構成。例えばモンスターとの遭遇シーンに「戦う→64へ 逃げる→256へ」といった選択肢が記されており、読者はページをめくって選んだ番号の段落へ飛び、続きを読み進めます。飛んだ先には「逃げ切れなくて殺された。冒険を最初からやり直そう」などと書いてあり、物語の展開を自分の決断で左右できるわけです。



 坂津さんの記事は、主人公が何者かに襲われ、謎の部屋で目を覚ます場面からスタート。「手近な樽を調べる」「扉を開ける」といった選択肢をクリックすると別の記事にジャンプし、先の展開が読めます。


選択肢 物語の流れを決める最初の3択

テストブログ 選択肢をクリックすると、さらなる展開が

 飛んだ先でも新たな選択肢を選んで読み進めていき、脱出に成功すればクリア。ただしほとんどの選択肢は理不尽な死につながり、ゲームオーバーとなります。まるでことあるごとに「14へ行け」と言われるグレイルクエストのよう。おそらくタイトルの「生存率4.17%」は選択肢の数から割り出した、初見でのクリア成功率を示すのでしょう。


ゲームオーバー 正解以外の選択は、全て理不尽な死を呼ぶ

 記事には100以上のはてなブックマークが付き、コメント欄にはゲームブックを懐かしむ声が多く見られました。しかし「新しい」と驚くコメントも多く、読者の世代によって感想が二極化しているのが興味深いところです。


(沓澤真二)


関連キーワード

ゲーム | ブログ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」