ニュース
» 2017年08月21日 20時19分 公開

松山千春さんの神対応に反響 旅客機の出発が遅れる中で乗客に「大空と大地の中で」歌う

乗り合わせていた乗客は「松山さんの気遣いと美声に感動」とコメント。

[ねとらぼ]

 歌手の松山千春さんが、出発の遅れた旅客機内で乗客のために歌ったという出来事が「すばらしい」と反響を呼んでいます。

 この出来事があったのは8月20日の新千歳空港(北海道)。手荷物預かり所と保安検査場が混んでいたため、伊丹空港(大阪)に向かう便が定刻の11時55分を過ぎても出発できない状況でした。歌う松山さんを撮影してTwitterに投稿した「投資家@セミリタイアを目指す公務員(@FlturOrQP6PMXj6)」さんにうかがったところ、出発予定時間から40分ほど経過したころに、いきなり男性の声でアナウンスがあったとのこと。

松山千春 機内で歌う松山千春さん(画像提供:投資家@セミリタイアを目指す公務員(@FlturOrQP6PMXj6)さん)

 その男性が松山さんで、「(長時間待たされて)いらだつでしょう、むかつくでしょう」と乗客に語りかけ、「みんな苦労してますから待ちましょう」「旅は道連れですから一緒に旅行を終えましょう」と呼びかけました。そして「大空と大地の中で」の一部をアナウンス用の電話で歌唱。歌い終わったあとは拍手喝采、多くの乗客が笑顔を浮かべていたそうです。投資家@セミリタイアを目指す公務員さんは「松山さんの気遣いと美声に大変感動いたしました」とコメントしています。

 松山さんはこの後出演した自身のラジオ番組「松山千春 ON THE RADIO」で、出発が遅れたため、機内の雰囲気が悪くなっていたとこのときの状況を語りました。そこで客室乗務員に「すいませんが、みんなイライラしてます。マイクを貸していただけますか」と声をかけ、機長の許可を得て歌ったことを説明。出しゃばったことをしているとは思ったけれど「みんなの気持ち考えたらなんとかしなきゃ」「機長さん、よく許してくれた」と振り返っていました。

松山千春 ON THE RADIO

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン