ニュース
» 2017年08月23日 11時37分 公開

「うなぎパイ」スマホケース、仕掛けが狂っていると話題に フタを開けるとうなぎパイ 広報「開発に1年半かかりました」

春華堂、お菓子屋なのに謎のこだわりっぷり。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 静岡・浜松の銘菓「うなぎパイ」の箱をモチーフにしたiPhoneケースが、その常軌を逸したギミックでTwitterユーザーに衝撃を与えています。背面がパカっと開き、中にうなぎパイの精巧なフィギュアが収納されている仕掛けに。「うなぎパイ買ってきたのでどうぞ」と差し出す動作が、いつでも再現できるケースとなっているのです。

うなぎパイ iPhoneケース 見た目は「うなぎパイ」の箱ですが……(画像提供:春華堂)

うなぎパイ iPhoneケース 背面をパカっと開くと、うなぎパイが登場

 ケースは「うなぎパイ」の春華堂が、1月末から公式オンラインショップと「うなぎパイファクトリー」で数量限定販売している商品。iPhone7専用で、価格は3000円(税込)。8月20日に、あるTwitterユーザーがそのギミックを「なかなか狂っている」と写真付きで紹介したところ、2万回弱リツイートされる反響を呼びました。

うなぎパイ iPhoneケース ICカードとかも入れられる

 表面は、うなぎパイの箱の包装紙と同じ柄です。背面のフタを開けると、おなじみの小分け袋に入ったうなぎパイが2本分、フィギュアとして再現されています。フタの裏もICカードやお札が収納できるポケットが付いているなど、機能性も抜群。なんだこの凝り様は……春華堂ってお菓子屋さんだったよな?

 「このiPhoneケースの開発には1年半かかりました」と春華堂の広報担当者。

 実はもともと販促用として開発したアイテムでしたが、配った先々で評判だったため商品化することに。今回話題になる以前にも、「うなぎパイファクトリー」に見学客が多く来る春休みに注目を集めていたそうです。

 「箱を開けるとうなぎパイ」という狂ったギミックを搭載したのはなぜなのか。

 「その方が面白いからです。柄だけのケースであればそれこそたくさんあるでしょうが、こういった機能を設けることが相手の一笑を得られると考えました。実際私をはじめ社内でも多くの者が名刺入れ代わりに使用しており、商談時に相手先も笑ってくれることがあります」(広報担当)。

 Twitterでは精巧さやアイデアに「ほしい」の声が続出。反響について担当者は「10年前にうなぎパイのリアルな携帯ストラップを販売したときに大評判でした。お客様ってこういうことで喜んでくれるんだなと実感があったので、今回もこだわりました。その分反響をいただけてありがたいです。本来お菓子屋さんなので、もっとお菓子も話題になるとうれしいですね(笑)」。

8月24日追記:うなぎパイiPhoneケースの実物を入手したのでうなぎパイと比べてみた

うなぎパイ iPhoneケース うなぎパイiPhoneケース、実物を入手しました!

うなぎパイ iPhoneケース パカッ。本当にうなぎパイ入っている……狂っている……

うなぎパイ iPhoneケース 写真では分かりづらいのですが

うなぎパイ iPhoneケース 凹凸のあるうなぎパイのフィギュアの上に、透明のカバーを被せた構造になっていて、すごくリアルなんです。春華堂ってお菓子屋だったよな……?

うなぎパイ iPhoneケース 実物のうなぎパイと比較。担当者いわく、12個入りの箱とiPhoneケースは縦×横の比率が同じなのだそうです

うなぎパイ iPhoneケース パカッ

うなぎパイ iPhoneケース うむ、春華堂のこだわりは本物だ

うなぎパイ iPhoneケースうなぎパイ iPhoneケース ストラップも入手しました。プラ袋の再現がこれまた精巧。春華堂は造形師じゃない、お菓子屋、お菓子屋……(確認)

うなぎパイ iPhoneケース おいしかったです

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」