ニュース
» 2017年08月24日 17時00分 公開

チンパンジーが「じゃんけん」をマスター グー・チョキ・パー3つの関係を理解していた

京都大学が発表しました。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 京都大学などが作る研究グループは、「チンパンジーがじゃんけんを学習し、循環する関係を理解する能力を備えている」ことを発見したと発表しました

京都大学チンパンジーがじゃんけんを学習 チンパンジーがじゃんけんを学習

 じゃんけんは「紙」は「石」に勝ち、「石」は「ハサミ」に勝ち、「ハサミ」は「紙」に勝つ、3者が循環する“非直線的な関係”です。

 調査方法は、チンパンジーに「グーとチョキ」「チョキとパー」「パーとグー」いずれかのペアが写し出された画面を見せ、グー・チョキ・パーの正解(勝ち)の手を選べば、ひとかけの食べ物がもらえ、チャイムが鳴るというもの。

 この規則をチンパンジーに教え、ルールを学習できるか調査したところ、7個体中5個体が完全に習得したとのことです。

 人間の子どもで同様の調査を行ったところ、約4歳でルールを習得できることが分かり、「チンパンジーは人間の4歳の子どもくらい柔軟に循環関係を理解できる認知能力がある」としています。

京都大学チンパンジーがじゃんけんを学習 チンパンジーと人間の子どもの調査の様子

 人間どうしのコミュニティーの中には非直線的で、ときに循環する優劣関係が存在しますが、チンパンジーの社会は比較的厳格で直線的な優劣関係を持っています。

 そんなチンパンジーにも実は「非直線的な問題を解決する能力が備わっている」ことが分かる発見となりました。

 この研究結果は、科学誌「Primates(プリマーテス)」オンライン版で8月10日に公開されています。

京都大学チンパンジーがじゃんけんを学習 4歳の子どもと同じくらいの能力が確認できました(画像はphotoACから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」