ニュース
» 2017年08月24日 19時00分 公開

ドローンでハゲを発見 → 指向性スピーカーで本人だけにこっそり教えてくれる夢のシステム爆誕 なにこの優しい世界

テクノロジー全開で毛髪を守ってくれる世界。

[マッハ・キショ松,ITmedia]

 他人からはまるわかりでも、意外に自分では気付きにくい頭頂部の薄毛。これを指向性スピーカーとドローンを使って、本人にだけ聞こえるようにこっそり教えてあげる謎の実証実験が行われました。現代人にはちょっと理解しにくい、未来の優しさ……なのかな?


動画が取得できませんでした

 実験に使用されたドローンは、頭頂部を捉えるカメラに加えて、特定の人物にだけ音声を届けることができる指向性スピーカーが搭載された独自仕様になっています。プロの操縦士が空撮映像を撮影すると、そこに写っている男性が薄毛かどうかをAGA治療を手掛ける医師が判定。繊細なハートを傷つけないように、アイドルグループ「ゆるめるモ!」に所属するあのさんが、脱力感のある声で「私の声はあなたにしか聞こえていません」「地肌が見えちゃってます」「でも、予防を心がければ、まだきっと大丈夫だから」と、毛髪の状態を伝えます。

 YouTube上の動画では、男性9人を5メートル間隔で配置した実験のもようを収録。強風という悪条件ではありましたが、上空10メートル付近までドローンを下ろすと空撮映像で頭頂部の状態を確認することが可能に。見事、薄毛の人物を特定しています。しかし、大きすぎるプロペラ音が邪魔してしまい、本人にあのさんの音声を伝えることには失敗。しかし、高音ほど聞き取りやすいとの実験結果から、あのさんの声を2オクターブあげて再挑戦したところ……見事成功! 機体の軽量化、プロペラ音の大きさなどまだまだまだまだ改良の余地はありそうですが、ひとまず「本人にだけ聞こえるようにこっそり教えてあげる」というミッションは達成できました。


ドローンで頭頂部の薄毛をこっそり伝える実証実験 “神”のように、1人だけに“髪”が薄くなっていることを伝えることから「カミノオツゲ」と命名

ドローンで頭頂部の薄毛をこっそり伝える実証実験ドローンで頭頂部の薄毛をこっそり伝える実証実験

ドローンで頭頂部の薄毛をこっそり伝える実証実験 男性を傷つけない配慮から、やたらと豪華な仕様

ドローンで頭頂部の薄毛をこっそり伝える実証実験 果たして実験は成功するのでしょうか?

ドローンで頭頂部の薄毛をこっそり伝える実証実験 空撮映像を使った薄毛判定は可能でしたが……

ドローンで頭頂部の薄毛をこっそり伝える実証実験ドローンで頭頂部の薄毛をこっそり伝える実証実験 プロペラ音のせいで、音声面には厳しい制約があることが判明

ドローンで頭頂部の薄毛をこっそり伝える実証実験 あのさんの声を、2オクターブ上げた音声を使用すると……

ドローンで頭頂部の薄毛をこっそり伝える実証実験 (真ん中の人だけが旗を上げれば成功ですが……)

ドローンで頭頂部の薄毛をこっそり伝える実証実験 き、聞こえた〜!

 ちょっと気になるのは、そもそもどうしてこんな実験が行われたのかという点。動画によれば、薄毛は早期発見することで進行を防げる可能性があるものの、本人から見えにくい頭頂部の場合は気付くのが遅れやすいのだそうです。本人を気遣って、つい見て見ぬふりしてしまうものですが、なんとかして教えてあげないと効果的な薄毛対策できないというわけですね。

 今後、人工知能で飛行するドローンが、自動で薄毛かどうかを調べ、かん高い声で判定結果を教えてくれる時代がやってくる可能性も考えられますが、現段階では人力のほうが効率的かもしれません。


マッハ・キショ松


関連キーワード

薄毛 | 産業用ドローン | 実証実験 | 動画 | YouTube


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」