ニュース
» 2017年08月25日 16時14分 公開

海洋研究開発機構、深海8178メートルの魚類を4Kカメラで撮影 世界最深記録を塗り変える

魚類が生息できるとされる水深ギリギリの地点。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)が、世界最深記録となる水深8178メートル地点での魚類の映像撮影に成功したことを発表しました。マリアナ海溝に生息する生物の様子を、4Kカメラで捉えています。

 海洋研究開発機構は5月、NHKと共同でマリアナ海溝海底付近の調査を実施。高水圧に耐える観測装置を水深7498メートル、8178メートルの2カ所に設置し、4Kカメラによる撮影を行いました。サバをエサに生物をおびき寄せたところ、両観測点でヨコエビ、シンカイクサウオの仲間が現れ、その姿を捉えることに成功しました。

 魚類は体内の浸透圧を海水より低くすることで生体機能を維持しており、水深が深くなると体内の浸透圧が増加することから、生息深度限界は水深8200メートルと考えられています(この地点で体内、海水の浸透圧が同等になる)。これまでの魚類の最深映像記録は水深8152メートル(2017年4月、中国)。今回の海洋研究開発機構らによる撮影は、これを26メートル更新し、さらに生息深度限界に迫った形になります。


マリアナ海溝水深8178メートルで魚類を撮影。世界最深映像記録を更新 調査に使用された観測装置「フルデプスミニランダー」


マリアナ海溝水深8178メートルで魚類を撮影。世界最深映像記録を更新 水深7498メートル地点。白い魚がシンカイクサウオの仲間。「B」で同魚の近くに写っている白い生物は、大型のヨコエビ・ダイダラボッチ


マリアナ海溝水深8178メートルで魚類を撮影。世界最深映像記録を更新 水深8178メートル地点。こちらでも、シンカイクサウオの姿が捉えられています

 今回の調査映像は、国立科学博物館(東京都台東区)で開催されている特別展「深海2017」で8月28日から公開される予定。海洋研究開発機構は今後、水深8000メートルを超える深海のサンプル採取などを行い、生態系の解明を進めるとしています。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙