ニュース
» 2017年08月27日 13時00分 公開

ありそうでなかった防災教育 シヤチハタら、世界初の「避難経路を歩きながら災害を疑似体験するスタンプラリー」開発

学校、自治体などの企画で利用する機会があるかも。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 シヤチハタから、実際に避難経路を歩きながら、災害の疑似体験ができるスタンプラリーセットが発売されます。スタンプを使った防災プログラムはこれまでに無く、世界初の試みとのこと。


シヤチハタらが開発「防災・減災スタンプラリー導入セットA」 スタンプラリーで、災害時の行動をシミュレーション

 シヤチハタ、東北大学の研究所らが開発した「防災・減災スタンプラリー導入セットA」の特徴は、防災教育にスタンプラリーの仕組みを取り入れている点。チェックポイントを小学校の体育館などに設定することで、実際の避難経路を歩けるようになっています。

 各チェックポイントには「全員が津波から安全に素早く逃げるためには、どうすればいいか考えてみよう」など、災害をシミュレーションさせる設問パネルを配置。回答には、「防災タイプ」に応じて3種に色分けされたスタンプを使用します。この「防災タイプ」とは、災害時の行動を「自助(自分で自分の安全を守る)」「共助(周囲と協力する)」などに分類したもの。スタンプラリーが終わったころには、どの色のスタンプが多かったかを見ることで、防災に対する自分の考え方が一目で分かるようになります。


シヤチハタらが開発「防災・減災スタンプラリー導入セットA」 スタンプラリー用の台紙


シヤチハタらが開発「防災・減災スタンプラリー導入セットA」シヤチハタらが開発「防災・減災スタンプラリー導入セットA」 チェックポイントで設問に答えていくと……


シヤチハタらが開発「防災・減災スタンプラリー導入セットA」 台紙に押されたスタンプの色から、自分の「防災タイプ」が分かるように。スタンプラリー後は参加者間でディスカッションを行うことを想定しており、異なる「防災タイプ」の人の考え方を聞く機会も

 開発に関わった研究所関係者らによると、「防災・減災スタンプラリー導入セットA」には、教育心理学や過去の災害からの知見が盛り込まれており、防災について効果的に学べるとのこと。防災教育は知識の詰め込みで終わってしまうことが多いものの、スタンプラリー形式を採用することで災害への理解がより深められるようになっているといいます。

 受付は9月1日から行われ、価格は9万9000円(税別)。学校、自治体などの企画で利用する機会があるかも?

マッハ・キショ松

関連キーワード

スタンプ | 防災 | スタンプラリー | 災害 | 教育 | 安全


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた