ニュース
» 2017年09月03日 16時00分 公開

バイオリン、7000円の廉価品と3100万円のビンテージでどっちの音色がきれい? プロ奏者が「格付けチェック」めいた実験を披露

あらためてGACKTはすごいと思いました(小学生並みの感想)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 バイオリニストのRob Landesさんが自身のYouTubeチャンネルで、62ドル(約7000円)の廉価品と、10万ドル(約1100万円)以上のビンテージ品とで、バイオリンを弾き比べる実験を披露しました。やっぱ高級品は音が違うな〜分かる分かる(分からない)。


Amazon Amazonで買った廉価品とともに登場するRobさん。バイオリンがレアなポケモンカードと等価だと、比較対象を随時示すのがおかしい

 ファンからの要望を受けて始めた試み。まずはAmazonで安価なバイオリンを購入し、楽器店の店主にも協力してもらいます。Vincenzo Panormo(1794年製、約1430万円)・Giuseppe Scarpella(製造年不詳、約2000万円)・Carlos Antonio Testore(1700年製、3100万円)といったビンテージ品がそろったところで、「ハレルヤ」とAC/DCの「Thunderstruck」の一節をそれぞれで演奏。正直なところ、素人には大きな違いが感じられません。


1430万円 1430万円のバイオリンは、パンテーラと等価

2000万円 2000万円だとランボルギーニと等価

3100万円 3100万円ともなるとフェラーリ級

 Robさんは2番目に高価なGiuseppe Scarpellaを気に入り、「動画への高評価が10万に達したらプレゼント」と案を出しましたが、店主によりあっさり却下。結局Amazonで買った廉価品をプレゼントしたそうです。


プレゼント企画 プレゼントの話をしだしたら、慌てて取りあげられた

 毎年正月恒例のテレビ朝日「芸能人格付けチェック」を思わせるこの実験。番組とは違って先に価格が示されるので、それぞれの音色が値段相応に聞こえてくるから不思議なものです。これらの違いを確実に毎回当てるGACKTさんはやっぱりすごい。


(沓澤真二)


関連キーワード

格付け | GACKT | 比較 | 楽器


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む