ニュース
» 2017年09月04日 16時12分 公開

かほく市ママ課の「独身税提案」報道 市は「事実でない」と否定、苦情に困惑

北國新聞の記事「かほく市ママ課『独身税』提案 財務省主計官と懇談」をきっかけに、市に苦情が数十件寄せられたとのこと。

[黒木 貴啓ねとらぼ]

 石川県かほく市で開かれた子育て中の女性と財務省主計官の意見交換会で「独身税」の提案があがった、という記事を8月30日に北國新聞が掲載しました。ネットでは「独身でも生活で苦労している人はいる」「関係ない者の負担を増やそうとするのはおかしい」と多くの批判が集まっています。


 かほく市企画情報課に取材したところ、「市や財務省、参加した女性たちから“独身税の提案”はあがっておらず、北國新聞の報道は事実ではありません。困惑しています」と報道を否定しました。

 記事の見出しは「かほく市ママ課『独身税』提案 財務省主計官と懇談」。8月29日にかほく市役所で行われた、子育て中の女性によるプロジェクト「かほく市ママ課」のメンバー7人と、阿久澤孝主計官との意見交換会についての内容です。

 「ママ課メンバーは『独身税』の創設や医療費削減に関する思いを伝えた」と冒頭で伝え、「メンバーが『結婚し子を育てると生活水準が下がる。独身者に負担をお願いできないか』と質問したのに対し、阿久澤氏は『確かに独身税の議論はあるが、進んでいない』と述べた」とやり取りを報じました。


 「そのような発言があったのは事実ですが、“独身税を提案”というレベルのものでは決してなかったです」と市の企画情報課担当者。

 「そもそも意見交換会の趣旨は、国の財政が赤字国債に頼っている今、将来の税の負担をどうしていくか、『かほく市ママ課』の女性と国の財務省担当者で意見を交わすものでした。子育て世代は生活水準は下がって負担が大きいので、世代間の格差を無くすための一意見として、メンバーの一人から『独身者にもちょっと負担をお願いできないか』といった発言が出ました。ピンポイントで『独身税をつくろう』という話が出たわけではありません」

 阿久津氏の「独身税の議論はある」発言も、メンバーへの返答として一例が出されただけであって、意見交換会の場への“提案”にはあたらなかったと説明。記事の「『独身税』提案」「『独身税』の創設」という表現に疑問を呈しました。

 市には「独身税ってどういう考えですか?」といった苦情が電話やメールで数十件寄せられました。

 「『かほく市ママ課』は市内で結婚し子どももいる女性があくまで任意で参加しているボランティア団体です。苦情では記事の見出しだけ見て『ママ課』を市の行政機関だと勘違いしている人が多く、誤解を呼んでいると感じています。かほく市としても『ママ課』としても国に独身税を要望したわけではありません。意見交換のなかでの“提案”ということで情報が拡散されていることに困っております」(担当者)

 9月2日に北國新聞は朝刊で「『独身税』に苦情、意見次々」という続報を掲載(Web版には未掲載)。「子育て中の女性でつくる『かほく市ママ課』メンバーが(中略)意見交換会で、『独身税』を意味する提案をしたことを巡り、市に苦情や意見が相次ぎ、市側が困惑している」と冒頭で伝えています。9月4日16時現在、8月30日の記事は北國新聞Web版では掲載されたままで、「『独身税』提案」「『独身税」の創設」の表記は変わっていません。

9月6日9時40分:追記

 かほく市は「独身税の提案」報道について、公式サイトで説明文を公開しました。意見交換会の中で報じられた発言があったことは事実と認め、しかし市および市行政全体として、国に対し独身税を提案するものではなかったと説明。

 「今回、ご迷惑をおかけした関係各位に対しまして、ここにお詫びを申し上げますとともに、賜りました数々の貴重なご意見に心から感謝を申し上げます」とあらためて謝罪の意を表明しました。

黒木貴啓


関連キーワード

独身 | 新聞 | クレーム・苦情 | 否定


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」