ニュース
» 2017年09月05日 16時50分 公開

水曜どうでしょう「壇ノ浦レポート」を生んだ夜行バス「はりまや号」が10月で廃止に

ね、ね、寝れないんだよぉ。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 「水曜どうでしょう サイコロの旅」で伝説の壇ノ浦レポートを生んだ夜行高速バス「はりまや号」が2017年10月6日で廃止になることが発表されました。もう、の、の、乗れないんだよぉ!

プレスリリース 「はりまや号」路線廃止について(公式サイトより)

 高知・三島川之江から北九州・福岡をつなぐ夜行高速バス「はりまや号」は、1993年7月から24年間運行を続けていましたが、高知発便は10月4日、福岡発便は10月5日出発便をもって運行終了となります。

 「はりまや号」は北海道テレビの人気番組「水曜どうでしょう」の「壇ノ浦レポート」を生んだバスとして知られており、ネット上では悲報として拡散されています。

 「壇ノ浦レポート」は同番組で1997年に放送された企画「サイコロ2 〜西日本完全制覇〜」で生まれたもの。サイコロの旅は、サイコロを振って出た目で行き先が決定され、東京からスタートしゴールの札幌が出るまでサイコロを振ってひたすら移動を繰り返し続ける企画です。

 第2弾では、東京から新幹線グリーン車で神戸、神戸からは深夜バス「レッツ号」で10時間をかけ熊本へ、熊本から鉄道、タクシー、フェリーで高知県宿毛(すくも)へ、そこからレンタカーで高知市へ移動します。この高知市で振ったサイコロで博多行きの「はりまや号」が選ばれ、2夜連続の夜行バス、しかも北海道とは逆の九州戻りが決定します。

 そんな状況下で生まれたのが「壇ノ浦レポート」。「はりまや号」が早朝4時に停車する壇之浦パーキングエリアで撮影されたもので、出演者である大泉洋さんと鈴井貴之さんが憔悴(しょうすい)しきった表情で企画の過酷さを必死で訴えます。大泉さんの「ね、ね、寝れないんだよぉ」のフレーズとともに、その臨場感、悲壮感が視聴者の心をつかみ伝説となっていました。

はりまや号のページ 高知発はりまや号の途中休憩場所は今も壇之浦です

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声