スーパーの「もやし」安すぎ問題……適正価格はいくら? 今後の市場はどうなる?

もやしはなぜ過剰に安売りされてしまうのか? もやしメーカーの次の一手は。

» 2017年09月08日 11時00分 公開
[石原亜香利ねとらぼ]

 もやしが安売りされすぎていることが問題になっています。2017年3月には、工業組合もやし生産者協会が「長年に渡り原料種子高騰や賃金上昇などに対応し続けたことにより体力を消耗しきっている」「これ以上の経費削減への努力は既に限界を超え、健全な経営ができていない状況」と窮状を訴えました。

 同協会によれば、もやしの小売価格はここ12年ほどで約10%下落し、40年前(1977年)の価格よりも安いのに対し、原料種子や人件費などの生産コストは高騰し続けているとのこと。

もやし生産関連価格動向(もやし生産者協会)

 なぜもやしがここまで安売りされているのか、本来の適正価格はどれくらいなのか、そして今後の市場動向について、もやしの生産・販売を主力事業とするサラダコスモ社に伺いました。

今回お話を聞いた人

サラダコスモ 営業本部長 宮地隆彰さん


なぜもやしは安売りされてしまうのか?

――なぜもやしはここまで安売りされてしまうのでしょうか?

 もやしは青果コーナーで一番安いうえに、工場の中で生産される野菜であるため、一年中、安定供給・安定価格であることを背景に、目玉品にしやすいことや、お店が安いイメージを付けやすいのだと思われます。

 メロンを1個ロス(売れずに廃棄)して2000円損金を出すより、もやし1パック20円なら、50パック損しても1000円の損金で済みます。

もやしの適正価格は?

――本来、もやしはどれくらいの価格が適正といえるのでしょうか。

 一般的なもやしとされる「緑豆もやし」は、異常な安売りによって、かつては230社以上あったもやし生産者もこの10年で100社以上が廃業に追い込まれています。労働賃金、緑豆の種の高騰を考えると、緑豆もやしは、1袋40円以上が適正な価格と言えると思います。

今後はもやしの「プレミアム化」が進む?

――今後、もやし業界はどのように変化していくと思われますか?

 今後はもやしを適正な価格まで値上げし、独自ブランドの商品を開発するなど、全体的にプレミアム化が進むのではないでしょうか。ここ数年は、通常のもやしの2〜3倍の価格の「機能性もやし」市場が拡大してきています。

 機能性もやしは、大豆を発芽させた大豆もやしで、大豆ともやしの栄養が一度に摂取できる食材です。緑豆もやしと比べると平均してあらゆる栄養素が2〜3倍含まれており、2015年には、生鮮食品としては初の「機能性表示食品」にも選ばれています(※)。

※サラダコスモ「大豆イソフラボン子大豆もやし」

 弊社の「大豆イソフラボン子大豆もやし」は、電子レンジ対応パックを採用しており、袋のままチンして食べられるような仕様になっています。電子レンジ調理で時短になるだけでなく、栄養を一番逃がさず、健康的に食べることができます。このような調理面の工夫も必要になってくるでしょう。

 また、もやしの素材単品ではなく、キャベツやニンジンなど他の野菜とミックスされたカット野菜として利用されることも増えていくと思います。オリンピックに向けてオーガニック需要も増加していくでしょう。

低価格路線から舵を切れるか

 一見影の薄い存在のようでありながら、炒め物やおひたし、和え物、スープなど日本の食卓には欠かせない食材の1つである、もやし。これまでの低価格路線から舵を切り、現在の窮状を脱することができるでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  2. /nl/articles/2405/16/news184.jpg どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  3. /nl/articles/2405/16/news185.jpg “ジョジョ婚”じゃん! 結婚報告の「岸辺露伴」高橋一生&飯豊まりえ、“連名サインの本名”に集まる驚きの声「直筆見て初めて知った」「これが正解」
  4. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  5. /nl/articles/2405/17/news019.jpg リモート会議中の“マナー違反”に共感の声が殺到 「全く同感」「マナー講師はなぜこれを教えないのか」
  6. /nl/articles/2405/16/news123.jpg “1K8畳”の新居を一人暮らし男子が模様替え→“ホテル”みたいに大変身する様子に「シャレオツ」「センスよー!」と称賛
  7. /nl/articles/2405/17/news054.jpg 「これは罠」「本当に紛らわしい」 現役清掃員が教える「保冷剤」を捨てる際の“落とし穴”が話題
  8. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. /nl/articles/2405/17/news046.jpg 北陸新幹線に空のペットボトルを持って乗ると…… “あるもの”が見える実験に「知らなかった」「教科書よりわかりやすい」
  10. /nl/articles/2405/16/news194.jpg 牛丼チェーン「松屋」、深夜料金を導入 一部の店舗で
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評