ニュース
» 2017年09月11日 18時14分 公開

「卍」は「イェーイ」、「オケツ」は「OK」……最新JK用語満載のドラマが正直イミフでマジ卍

さすがに全部が全部流行しているわけではないはず……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 LINEの「みんなの物語」シリーズ動画「ワンチャンワンドキ! JK用語でJKの1日を再現してみた」が話題となっています。同社がリサーチした、JK(女子高生)の間で使われる最新の流行語をもとに構成された短編ドラマ。開幕から「マ!?(本当に!?)」「マジ卍!(信じられない!)」などとパワフルな言葉が躍っており、中年たる筆者にはなかなか難解です。

動画が取得できませんでした

マ!?マジ卍 のっけから難解。解説付いててよかった……

 主人公の“ひな”が、「好きピ(本命)」の“りょうま”と過ごす甘い夢から目を覚ますと、スマホには彼からのイミフ(意味不明)なメッセージが。困惑して返信もそこそこに登校すると、友人から「BFF(Best Friend Forever)」とデコられたパンケーキで「オメタン(誕生日おめでとう)」と祝福され、すっかり「テンアゲ(テンション上がる)」です。


イミフ ハッピーな夢から覚めた瞬間、彼から来たメッセージがイミフ

オメタンBFF 友人から盛大なハッピーバースデー

テンアゲ すっかり上機嫌

 そしてスマホで動画を見ながら「なしよりのあり(なくはない)」「ありよりのなし(やっぱりなし)」「よき? のき?(イイの? ダメなの?)」と楽しくおしゃべり。テンアゲが極まって、「卍卍(イェーイ)」「卍からの卍(イェーイからのウエーイ)」と動画を撮り始めるはしゃぎっぷりです。それにしても卍の汎用性が高い。


ありよりのなしよきのき 「ありよりのなし」と、「上の下」みたいなことを言われたら、「よき」か「のき」かどっちか分かりようもない

卍卍
卍からの卍 卍はおそらく、感嘆符のように使っているのでしょう

 その後昼食をウマタン(おいしい)とほおばっていたひなですが、朝にりょうまへ送ったメッセージが「未読ブッチ(読んですらいない)」だと悩み、「ぴえ〜ん(泣ける)」と急に悲しむことに。「落ちてる(元気がない)」「カマチョ(かまってほしい)」状況をアピールし始めたのを見かねた友人の策が成功して、りょうまから放課後会いたいとLINE通話をもらえました。もちろん返事は「オケツ(OK)」です。


未読ブッチぴえ〜ん 彼氏に未読ブッチされたら、そりゃもうぴえ〜んですよね(迎合)

通話オケツ 通話ボタンを押すよう誘導するプロフィールテキストにひっかかり、発信するりょうま。ひなの返事は「オケツ」です。分かっている相手にしか使えない返事

 待ち合わせ場所の体育館へ行くと、そこには長いマットを整えて待つりょうまの姿が。唐突な連続バック転で迫ってきた彼から「HAPPY BIRTHDAY! 卍」と祝福されて大喜びです。りょうまの未読ブッチは、これを練習していたせいだったんですね。


バック転
バック転バック転 唐突なバック転からの〜

卍アホ! 「HAPPY BIRTHDAY! 卍」! そしてひなの返事は「アホ!(ありがとう)」。伝わっているならもうそれでいいです

 最後に朝のイミフなメッセージを「デコ読み(デコ文字だけ読む)」と言われ、隠されていた「アモーレ(愛してる)」の意味を知り幸せいっぱいのひな。なるべくツッコむのを我慢して淡々と説明してきましたが、お前ら意味わかんねーよ勝手に末永くお幸せに!


アモーレ デコ文字だけ縦読みすると……

 対訳付きだったおかげでどうにか理解できたこのドラマ。登場した38の用語は、LINEが女子高生ユーザーを対象にした調査(有効回答数1384)によると、一定の認知度は得ているようです。特に「イミフ」は92%、「ワンチャン(チャンスある)」は83%、「卍」は78%と広く認知。卍そこまでかよ……。


統計 登場した用語のすべてが認知されているわけではなく、まったく意味を理解できなかった女子高生も2%います

 ただし「BFF」「なしよりのあり」「未読ブッチ」の認知度は30%台と、すべてが認知されているわけではないもよう。さらにこの動画を、ある女子高生Twitterユーザーが「最近のJK用語にはついていけてない」と紹介した結果、4万以上リツイートされたこともあり、あらゆるJKがテンアゲで卍卍なわけではないようです。


用語一覧 登場した用語一覧(クリックで拡大)。JK以外が認知するころには廃れている気がする


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」