ニュース
» 2017年09月15日 09時00分 公開

動物たちの「剥製3Dデータ」をグリグリ閲覧できる資料的価値の高いサイトが登場 国立科学博物館が公開

ずっと見ていられる。

[宮原れい,ねとらぼ]

 国立科学博物館の所有する「ヨシモトコレクション」の剥製標本が3Dデータとして公開され、Twitterなどで注目が集まっています



 ハワイの実業家であった故ワトソン・T・ヨシモト氏による「ヨシモトコレクション」は同博物館の上野本館地球館で展示されていますが、そこで公開されているのは約400点からなる全コレクションの2割ほど。そこでこれらの標本群を3DCGモデル化し、インターネット上で公開するプロジェクト「Yoshimoto 3D」が始動。9月現在ベータ版として17点の剥製標本が見られるようになっています。


ヨシモトコレクション 剥製 3Dモデル 国立科学博物館 「カラカル」の3Dモデルデータ

 3Dデータの閲覧画面では、左クリックによるドラッグで「カメラ回転」、ホイールで「ズーム」、右クリックによるドラッグでカメラの平行移動が可能。全画面表示にもでき、思う存分グリグリと視点を変えて見ることができます。資料として素晴らしすぎる。

 人間のマネキン(170センチ)を置いて比較したり、モデルのテクスチャー表示の切り替えも左側のボタンから行えます。推奨ブラウザは「Google Chrome」です。


ヨシモトコレクション 剥製 3Dモデル 国立科学博物館 マウスで好きに動かして、左のボタンで設定をいじれます(※VR閲覧は表示されない場合があります)

ヨシモトコレクション 剥製 3Dモデル 国立科学博物館 3Dモデルデータならかなり近づいて観察できます

 「カラカル」や「ピューマ」に「イボイノシシ」、また「アフリカスイギュウ」「アルガリ」「ジェレヌク」など種類も豊富で見応えがあり、また今後も順次増えていく予定とのことで、研究者以外にとっても貴重なサイトとして機能しそうです。



画像は国立科学博物館「Yoshimoto 3D(ベータ版)」より

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声