ニュース
» 2017年09月15日 21時19分 公開

「ありがた迷惑なプレミアムフライデー」「残業を禁止して早朝出勤」 働き方改革を皮肉ったサイボウズの広告に共感の声

事実により近い表現を採用した結果、大胆な内容の広告になったとのこと。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 なんですか、そのありがた迷惑なプレミアムフライデーとやらは――働き方改革の現状を皮肉ったIT企業サイボウズの広告が話題になっています。日経新聞に全面広告として掲載されたもの。


サイボウズの全面広告「働き方改革に関するお詫び」 画像提供:サイボウズ

 広告は「働き方改革に関するお詫び」と題されており、「世の中の働き方を変えたい」という思いから起業し、自社内でも働きやすい環境づくりに取り組んできたというサイボウズが、徐々に広まりを見せている働き方改革に物申す内容。「深夜残業を禁止して早朝出勤を黙認」「働き方改革の号令だけかけて現場に丸投げ」と骨抜きになってしまっている現状を歯に衣着せぬ口ぶりで取り上げたうえで、「私たちにもっと力があれば」「不甲斐なさと申し訳なさでいっぱい」と述べる謝罪文風のつくりになっています。

 この内容に、Twitter上では「ほんと分かる。形だけの残業抑制で結局誰も幸せになってない」「働き方改革に対する私たちの想いを理解している」と共感の声が。労働環境を改善するための施策のせいで、かえって働きにくくなってしまい、頭を悩ませている人は多いようです。

 サイボウズに話を伺ったところ、この広告は同社社長を含むチームで制作したもの。「ありがた迷惑なプレミアムフライデー」をはじめとした大胆な表現は、より事実に近いことを主張したいという思いからあえて採用したとのこと。今回のプロジェクトでは新聞以外でも広告展開が行われているのですが、働き方改革を風刺する内容などを理由に、一部では掲載を拒否されてしまうトラブルもあったといいます。

 新聞広告後半部分では、「アリとキリギリス」をモチーフに現代の働き方を風刺するアニメ「アリキリ」を紹介しているのですが、こちらにもネット上の注目が集まり、全3作で15万回超再生されているとのこと。しかし、「伝えたい人に伝えることを目的にしていたので、再生数は重視していなかった」とサイボウズ。画一的な育休期間、労働時間の規制などに翻弄されるビジネスパーソンを描いた同作を見て、働き方改革の本質について考える人が現れていることのほうがうれしかったそうです。


サイボウズの全面広告「働き方改革に関するお詫び」 制作は「紙兎ロペ」を手掛けた内山勇士さん。かわいらしいタッチですが、内容は世知辛さ全開

第3話以降の制作も検討しているそうです

 ところで気になるのは、「では、働き方改革はどのようにすればうまくいくのか」という点。「アリキリ」特設サイトに掲載されているサイボウズ社長のインタビュー記事によると、同社が重視しているのは多様性。そのため、それぞれの社員がライフステージの変化に合わせて、勤務時間、勤務場所を選べる「選択型人事制度」などの取り組みを行っているそうです。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」