ニュース
» 2017年09月16日 08時00分 公開

小包に入っているのは「耳のグミ」 ハロウィンギフトにぴったりなホラースイーツ

お菓子をあげて、いたずらできる。

[佐藤 春華,ねとらぼ]

 スペイン発のおしゃれなアートキャンディーショップ「papabubble パパブブレ」からハロウィンサプライズスイーツが登場しました。

メイン ポップなカラーリングだけど、どう見ても耳
包み 「お届けものです」って渡されたら、ちょっとした恐怖も味わえる

 こちらのスイーツは「耳のグミ」と名付けられた実物大(成人男性の耳くらい)のグミ。見た目だけではなく、触り心地や重さまでそっくりなのが本当に不気味です。

ラッピング 簡素な小包風ラッピングがオシャレ。だけど……?

 ポストに投函された小包には、耳が入っていた――! というコンセプトで作られたハロウィンサプライズ第1弾のお菓子。実際にそんなシチュエーションがあったら、恐ろしくて震え上がってしまいますが、グラシン紙のような半透明の包みは簡素に輪ゴム2本でとめられ、おしゃれさと怖さがうまく融合している見た目になっています。

 ポップなカラーリングとホラーな形はハロウィンパーティにぴったり。こちらは、リンゴ由来のペクチンを使用し、ねっちりした食感のグミになっています。おいしいけど、複雑な気持ちになってしまうのは仕方ない。

中身 耳フェチにはうれしい?

 「耳のグミ」はハロウィンシーズンに合わせ、パパブブレ全店で9月16日〜10月31日までの期間限定発売。フレーバーは、和梨・洋梨・リンゴ・オレンジ・ピーチ・バナナ・マンゴー・イチゴの8種類。カラー・パッケージ・耳の左右はランダムに入っているそうです。1個580円と、インパクトの割にお買い得なので、耳にお経を書き忘れた方にもオススメです。ハロウィンは、本気で怖い、重さも大きさも食感もリアルな耳でドキドキをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

ポストイン ポストに入っていると、本当に背筋が凍る……
耳グミ手持ち 「おや、なんだこれは(意味怖)」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…