ニュース
» 2017年09月16日 08時00分 公開

小包に入っているのは「耳のグミ」 ハロウィンギフトにぴったりなホラースイーツ

お菓子をあげて、いたずらできる。

[佐藤 春華,ねとらぼ]

 スペイン発のおしゃれなアートキャンディーショップ「papabubble パパブブレ」からハロウィンサプライズスイーツが登場しました。

メイン ポップなカラーリングだけど、どう見ても耳
包み 「お届けものです」って渡されたら、ちょっとした恐怖も味わえる

 こちらのスイーツは「耳のグミ」と名付けられた実物大(成人男性の耳くらい)のグミ。見た目だけではなく、触り心地や重さまでそっくりなのが本当に不気味です。

ラッピング 簡素な小包風ラッピングがオシャレ。だけど……?

 ポストに投函された小包には、耳が入っていた――! というコンセプトで作られたハロウィンサプライズ第1弾のお菓子。実際にそんなシチュエーションがあったら、恐ろしくて震え上がってしまいますが、グラシン紙のような半透明の包みは簡素に輪ゴム2本でとめられ、おしゃれさと怖さがうまく融合している見た目になっています。

 ポップなカラーリングとホラーな形はハロウィンパーティにぴったり。こちらは、リンゴ由来のペクチンを使用し、ねっちりした食感のグミになっています。おいしいけど、複雑な気持ちになってしまうのは仕方ない。

中身 耳フェチにはうれしい?

 「耳のグミ」はハロウィンシーズンに合わせ、パパブブレ全店で9月16日〜10月31日までの期間限定発売。フレーバーは、和梨・洋梨・リンゴ・オレンジ・ピーチ・バナナ・マンゴー・イチゴの8種類。カラー・パッケージ・耳の左右はランダムに入っているそうです。1個580円と、インパクトの割にお買い得なので、耳にお経を書き忘れた方にもオススメです。ハロウィンは、本気で怖い、重さも大きさも食感もリアルな耳でドキドキをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

ポストイン ポストに入っていると、本当に背筋が凍る……
耳グミ手持ち 「おや、なんだこれは(意味怖)」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」