「シャッター街」に悩む藤井四段の地元商店街が、逆転の発想で「シャッター大盤 対局解説」を行い熱烈応援中!

洋品店の女性主人が発案し、聞き手をつとめています。

» 2017年09月19日 09時00分 公開
[辰井裕紀ねとらぼ]

 将棋棋士・藤井聡太四段の地元にある瀬戸市の銀座通り商店街。シャッター街に悩むなか、その「シャッター」を使う逆転の発想で「対局を大盤解説する」チャレンジが静かに注目を集めています。


シャッターで大盤解説 30連勝のかかった対局を「シャッター」で大盤解説中(画像提供:以下全て飯島加奈さん

 シャッターによる大盤解説がはじまったのは2017年7月2日、藤井四段が30連勝をかけて佐々木勇気五段と対局したときのこと(関連記事)。

 瀬戸焼きそばのお店だった跡地を使ったもので、「ネット中継が観られない人にも、見せてあげたい」と洋品店「noveRuga」の店主・飯島加奈さん(@ruga_cana)が発案し、商店街の皆さんで大盤を作ったそうです。


シャッターで大盤解説 洋品店の店主、飯島加奈さんが発案

 このとき藤井四段は負けてしまったのですが、そこから対局がある度にこの「シャッター大盤解説」が恒例になったとか。なお駒はダンボールにマグネットを貼ったもので、大盤のマス目はマスキングテープで作っています。

 大盤解説は飯島さんが聞き手となり、やってきたおじさんたちが飛び入りの形で解説。藤井四段と対局者の手を検討していきます。


シャッターで大盤解説 検討を行う将棋ファン

 なお大盤の駒を動かすともとの局面を忘れてしまったりするため、縁台の将棋盤を使って検討することも多いそうですが、長時間の対局だと大盤の駒を動かしてテレビ解説のような形で行うとか。

 集まる人数は基本5〜6人くらいで、多いときは20人ほど集まることも。特に終局間際になると多くの人が集まってくるそうです。


シャッターで大盤解説 みんなで熱戦を見守り、次の一手を検討する

 また終局後は、投了図を使ってみんなで詰将棋にチャレンジ。しかしそこから長い手順が残っていることも多いため、詰める手筋が見つけられないこともあるとか。


シャッターで大盤解説 この投了図からどうやって詰ませるかもみんなで考える


 なお次の大盤解説会が行われるまで、シャッター盤は「前の対局の投了図」になっているほか、地元将棋ファンたちの憩いの場になっています。


シャッターで大盤解説 次の対局まで、前の対局の投了図が貼られる。このときは森内俊之九段をNHK杯で下したときの投了図

シャッターで大盤解説 シャッター大盤前は将棋ファン憩いの場となり、イベントも行われる

 飯島さんは当初、将棋のルールもうろ覚えだったそうですが、これを機にアプリを使うなどして急速に将棋を身に着けていき、今では「矢倉囲い」「振り飛車」などの用語もバッチリ頭に入っているとか。

 「これで商店街が盛り上がってほしい」と語る飯島さんは、最後に藤井四段へこう言葉をかけています。

 「瀬戸の希望でもあるし、親心のようなものを感じて、応援したくなります。彼に伝えたい言葉は『ありがとう』。これからも長く一緒に将棋を楽しんでいきたいです」



画像提供:飯島加奈さん

辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評