ニュース
» 2017年09月23日 22時00分 公開

あんこ入りの生八つ橋がリアルすぎる おいしそうな「八つ橋ダウンジャケット」が想像の斜め上をいくクオリティー

触ってみたい……。

[宮原れい,ねとらぼ]

 Twitterに投稿された「八つ橋ダウンジャケット」が想像の斜め上をいくクオリティーで話題になっています。リアルに生八つ橋でできているみたいな見た目がすごいインパクト。



 制作したのは、紙製ロボット「カミロボ」などを作っている造形師・安居智博(@kami_robo_yasui)さん。“八つ橋を着る”というコンセプトで作成したという通り、あんこ入りの生八つ橋をたくさん縫い合わせて作ったかのようなデザインで、一つ一つの色や透けたあんこの表現が見事なまでに生々しいです。この発想はなかった……!


八つ橋 ダウンジャケット あんこ 生八つ橋を着ているだと……!?(画像提供:安居智博さん)

 安居さんに製作に関して伺うと、製作期間は1週間ほどで、特に「あんこの透け感」にはこだわったとのこと。服の形に縫う前には「30センチ四方くらいの大きさで布の重ね方やエアブラシを使ったボカシ塗装など、何度も実験しました」ということで、生八つ橋再現への執念が見事な完成品につながったようでした。


八つ橋 ダウンジャケット あんこ ※餡入り生八つ橋イメージ

 見た目が完全に生八つ橋なので異様に柔らかそうに見えますが、実際にはちょっとゴワゴワしていて「怪獣の着ぐるみスーツに近い感じ」と安居さん。ただしあんこは「黒いスポンジウレタン」を使っているため、触るとプクプクした感じで柔らかいそうです。もしとなりに着ている人がいたら思わず触りたくなりそう……。

 ちなみに撮影時に外で着用していた時の周囲の反応については、たまにチラチラ見られていた気がするものの、撮影が行われたのは9月中旬。その時期にダウンジャケットは本人的にも「メッチャ暑かった」そうで、「すごく厚着している人がいる」と見られていた可能性がありそうとのことでした。


八つ橋 ダウンジャケット あんこ 違和感ない? ある?(画像提供:安居智博さん)

八つ橋 ダウンジャケット あんこ 二度見されるのは間違いなさそう(画像提供:安居智博さん)

 なお作成したのは、出されたお題に対して作品を作って発表するイベント「おバカ創作研究所」への出演がきっかけ。今回の八つ橋ダウンジャケットは“京都”というお題をもとに、「共通認識としてみんなが知っているビジュアルを使って、着るとか被るとか、仮装で表現するものを作ってみよう」という取っ掛かりから、アイデアを練っていったそうです。

 Twitterでは「絶妙なアンコ感」「おいしそう」といった声が寄せられ、中には「かっこいい」「欲しい」といった声も。安居さんによると残念ながら同ジャケットは一点ものの作品として作られ販売予定などは今のところないそうですが、「何かに使ってもらえるようなことがあればうれしいですね」と反響に手応えを感じている様子でした。

 安居さんのツイートでは他にも“宝誌和尚立像”をモデルにしたプロレスマスクや、バランや和紙で作ったカミロボなど、さまざまな種類の作品を見ることができます。




(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」