ニュース
» 2017年09月30日 11時30分 公開

話題の擬人化艦船ゲーム「アズールレーン」はなぜ突然ブレークしたのかモバクソ畑でつかまえて

ただの「艦これ」フォロワーにとどまらないその魅力とは。

[怪しい隣人ねとらぼ]

 ここ1週間ほど、Twitterのタイムラインを賑わせている「アズールレーン」(iOS・Android)というゲームがあります。

 「美少女化した艦船が戦うゲーム」というどこかで聞いたような内容ですが、9月14日の正式配信以降「アズールレーン面白いなぁ」「今までの艦隊擬人化ゲームの集大成感ある」などジワジワと言及が増えていき、9月25日ごろを境に突然ツイートが増加。一時はアクセス集中から接続が不安定になるほどで、まるで「艦隊これくしょん(艦これ)」の初期を思わせるような勢いを見せています。

 「アズールレーン」とはどんなゲームで、何がそんなに受けているのか。モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人であり、例によってリリース当初からこのゲームをチェックしていた「怪しい隣人」@BlackHandMaiden)さんに解説してもらいました。



アズールレーン 「アズールレーン」についてのツイート数推移。9月25日ごろを境にツイート数が一気に増加(Yahoo!リアルタイム検索より)

ライター:怪しい隣人

モバクソ畑でつかまえて

出来の良くないソーシャルゲームを勝手に「モバクソゲー」と名付けて収集、記録、紹介しています。モバクソ死亡リストは500件を超えました。年々ソーシャルゲームが複雑になり、ダメさを判定するのに時間がかかるのが最近の悩みです。本業はインフラエンジニア。そのためソーシャルゲームの臨時メンテは祭り半分胃痛半分な気分です。




新サーバ解放、初期サーバ受け入れ中止……まるで「艦これ」初期?

 ソーシャルゲームやスマホアプリのクソゲーを収集し、それがいつサービス終了するかを喜々としてリスト化しているという趣味を持つ私ですが、もちろん話題になるゲームに興味も示します。そんな中アズールレーンなるゲームの話を耳にしました。美少女化した艦船が戦うゲーム、というと「どっかで聞いたよそれ!」という気分になる方も多いかもしれません。


アズールレーンアズールレーン 雰囲気は確かに「艦これ」っぽいものの……(「アズールレーン」公式サイトより)

 9月14日に正式配信されたのですが、そこまでは立ち上げ初期のゲームらしい接続障害やロールバックといったトラブルが発生し、クソゲーを見る視線で見ていました。

 ですが、9月25以降は少し様子が違いました。大幅に接続数が増えたようで、純粋に人が増えたゆえのトラブルが続きます。9月26日にはサーバの安定性強化と新サーバの解放を行ったのですが、それでも当日中に「接続数が多すぎるのでサーバの強化を行います」と緊急メンテ。



 このメンテ以降サーバは落ち着いている様子ですが、現在初期サーバの1つである「横須賀」は新規の受け入れを中止しているという混雑ぶり。早々に次のサーバも準備中とのことで、まさに「艦これ」の初期をほうふつとさせる勢いです。


アズールレーンアズールレーン 初期サーバ「横須賀」は満員のため受け入れ停止中


運の要素が少なく、短時間で結果が得られるのが魅力

 では、なぜこんなに人が集まるのか? いろいろな面から私が感じたことをお話しいたします。

 まずはゲームシステム。「艦これ」フォロワーとしては、同じく擬人化艦船ゲームである戦艦少女Rがありますが、こちらは「艦これ」に非常に近く、艦隊を編成した後は自分の艦隊が戦うのを自動的に見ているだけのゲームでした。


アズールレーン 戦艦少女R」公式サイト

 一方「アズールレーン」は、6隻から編成される艦隊のうち、前衛である駆逐艦や巡洋艦といった軽量艦をプレイヤーが実際に操作して戦うシューティングゲームになっています。空母や戦艦などの大型艦は後方支援という、ある意味ボム係となっていて、例えば戦艦だけで戦う事はできず、バランスの良い編成が必要とされます。

 さらに艦船少女たちはそれぞれ固有のスキルを持っており、それを発動させることで戦局を有利にすることができます。「えっシューティングとかできないよ」と居う人もご安心ください。オート戦闘が実装されています。あまり回避とかはしてくれませんが、上でも書いたように「当たってもどうということはない」編成にしたり、レベルをひたすら上げたりすることでなんとかなります。


アズールレーン 自分で艦船を操作して戦うシューティングパート

アズールレーン 実際に操作するのは駆逐艦や巡洋艦といった軽量艦。空母や戦艦といった大型艦は言ってみれば「ボム係」

アズールレーン 右下のゲージがたまると魚雷や航空支援といった強力な攻撃が可能に

 さらに言えば「艦これ」と違い轟沈によるキャラロストや、大破による長時間の修理といったこともありません。またレベル上げも、レベル上げ専用の任務(「艦これ」でいうところの遠征)があったり、寮舎という建物に放り込んで食事を補給しておくと経験値がたまったりと、放置とまでは行きませんが数時間触れられない時間があるような社会人プレイヤーにはとても優しい仕組み。1戦闘も短く、轟沈や修理時間不要のシステムと合わせて、短時間に集中してやり込むプレイに向いています。

 また艦船少女たちを入手する手段は「艦これ」同様建造&ドロップなのですが、建造も大変楽な仕組み。300/30/400/300とかどこかで聞いたような数字を覚える必要はなく、専用のアイテムであるキューブと、ゲーム内マネーを使うだけととてもイージーです。砲塔や飛行機といった装備もありますが、こちらはもっとシンプルで、ショップで買ったり報酬で手に入る箱を開けたりすることで入手が可能です。


アズールレーン 「艦これ」よりもぐっとシンプルになった建造システム

 このように、運を天に任せる部分が少なく、理不尽な思いをしなくてもすみ、短時間で結果が手に入る。それが「アズールレーン」の大きな魅力の1つといえるでしょう。もちろん艦船少女がドロップしない、建造できないなどのガチャ運の話は出てきます……。



加賀や赤城が敵サイドに 「艦これ」とは別の視点で描かれるストーリー

 そして、キャラクターやシナリオの魅力。「艦これ」ではキャラクターの魅力はさておき、世界観は若干曖昧なままで、ゲームを進めてもストーリー的なものは開示されません。一方「アズールレーン」にはちょっとしたストーリーラインがあり、ゲーム上で物語が展開されていきます

 海からやってきた“セイレーン”という敵を撃退するために作られた軍事組織アズールレーン。セイレーンの攻撃は食い止めたものの、アズールレーンを構成する4つの大国の中から、2つの国がセイレーンの力を利用して別組織レッドアクシズを立ち上げる、というところからゲームは始まります。

 アクシズ=枢軸ということで、その2つの国は「鉄血」と言う名のドイツな国と、「重桜(じゅうおう)」と言う名の帝国海軍な感じの国。それぞれセイレーンの力を艤装と本体に宿しているらしく、鉄血の艦船少女は身にまとったメカが禍々しく、重桜の艦船少女は物の怪風味の獣耳少女たちとなっています。


アズールレーン 「鉄血」陣営より「プリンツ・オイゲン」

アズールレーン こちらは「重桜」の「加賀」

アズールレーン 同じく「赤城」。敵サイドで登場するのは新鮮(ちゃんと仲間にもなります)

 そんな状態なのでストーリーは主にユニオンというアメリカっぽい国ロイヤルというイギリスっぽい国の視点から話が進むことになります。一章が真珠湾、二章が珊瑚海、三章がミッドウェーというところから想像がつくかもしれませんが、序盤の敵は重桜の空母軍団。リーダー格の赤城が「敵はこの大艦隊に怯えて逃げたのかもしれない」と慢心しまくっているのも「艦これ」知識があるとなおのこと笑えるところです。


アズールレーン 正統派なデザインが多いユニオン、ロイヤル勢

アズールレーン 慢心、ダメ、絶対!

 理不尽さが減り、短期間で結果を得られるシステムと、ちょっと濃い目のキャラクターやお話の組み合わせ。このあたりがアズールレーンの「艦これに似てますけどやってみると結構違うんですよ」なポイントかな、と思います。



中国製ゲームゆえの「苦肉の策」も

 現在初のイベントである「努力、希望と計画」の開催中。今から始めるとイベント参加はちょっと厳しいかもですが、期間限定で一部の艦船少女が建造率上昇していたりしますので、女騎士とかあらあらうふふなお姉さんとかロリ吸血鬼っぽい少女とかがお好きな方はぜひ。それ以外にも魅力的な艦船少女がたくさんいますよ!


アズールレーン 開催中のイベント「努力、希望と計画」

 こんな「アズールレーン」ですが、開発は中国のゲーム。ですが音声は元から日本人の声優さんが当てており、日本のアニメやゲームが好きな人向けに作られた作品と思われます。ですがそれゆえにいろいろな苦労もあるようで、重桜の船の名前は「敵としては表示が可能だが味方にするわけにはいかない」ということらしく、ドロップして入手すると別の動物や鳥、草花の名前になってしまいます(本場のWikiはこちら)。ただ後から入手した艦船少女の名前を変えることはできるらしく「個人が付ける名前が偶然よろしくないお名前でも仕方がないことですね」ということになっているようです。

 そんな風に気を使っているように見えながらも、中国iOS版のサーバ名が「珊瑚海 ハワイ ミッドウェー マリアナ ソロモン 硫黄島 沖縄島 アイアンボトムサウンド レイテ沖」とエッジの利いた名前になっているスタッフの作品の今後に期待したいと思います。


アズールレーン 中国版のサーバ名

怪しい隣人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」