ニュース
» 2017年09月30日 23時00分 公開

かわいい「猫ちゃん食器」だらけのうどん屋さん お箸袋を集めると食器を貰えるニャンコ好き垂涎システムも!

20枚で小皿、35枚でお箸と交換できます。買うこともOK。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 関西を中心に21店舗を展開し、たくさんの「猫食器」が客を迎えるうどんチェーン「手打草部うどん のらや」が、Twitterで大きな反響を呼んでいます。



のらやの猫食器 レディースセット(1280円)。猫の食器とグラスに見守られて食事できる

 モチモチの「手打草部うどん」が自慢なお店で、猫キャラクターの「のらちゃん」が描かれたオリジナル食器がいっぱい。大鉢はおろか、とんすいなどの小さいお皿にも猫の姿があり、枡にもワンポイントで居るほか、グラスの「Asahi」のロゴマークの上にも猫が。


のらやの猫食器 天ぷら釜揚げうどん(1280円)。枡にワンポイントで描かれたのらちゃん

 さらにお食事のときにもらえる「箸袋」を集めれば、それらのかわいい猫食器との交換もOKという一風変わったシステムが存在。例えば一番手軽な小皿なら20枚から交換可能で、二切皿なら50枚、和み猫ポットなら120枚から交換できます。


のらやの猫食器 こちらが猫食器の交換表。小皿なら20枚、大鉢は130枚あれば交換可能

のらやの猫食器 大小2匹の猫がかわいい二切皿は50枚で交換

のらやの猫食器 短い手足が愛くるしい和み猫ポットは120枚で交換

 1996年の8月に岸和田に1号店が誕生。その1号店建設中に見守ってくれていた「のら猫」と「野良小屋」から、のらやと命名されたとか。


のらやの猫食器 こちらは富田林店。看板で客人たちを待っている「のらちゃん」

のらやの猫食器 お子さまランチ(580円、店舗限定)

 さらに毎月「にゃ〜の日(28日)」はサービスデーで、猫食器に交換できる箸袋が特別に「5枚分」に。持ち帰り用の(コーヒー)わらび餅も100円引きのほか、にゃ〜の日限定の「のらちゃんデザート」が注文できます。

 また同日には、かわいい猫とおいしそうなうどんのイラストがたくさん登場する、なごみ系フリーペーパー「のらや通信」も発行。次回来店時にお持ち帰り用生うどんがもらえるクーポンなども付いています(9月29日現在)。


のらやの猫食器 のらちゃんがお店に登場するかも

のらやの猫食器 ほんわかした、のらちゃんとうどんのイラストが見ていて和む

 丁寧に練りこんだモチモチ食感が特徴の「手打草部うどん」を、14時間かけて利尻昆布のうま味を抽出しただしでいただく、味にもこだわったお店。スイーツもかわいいので、最後までニャンコワールドに浸れますよ。


のらやの猫食器 栗どら焼き(300円)。のらちゃんのはにかんだ顔。

のらやの猫食器 のらちゃんのひなたぼっこ(350円、店舗限定)

価格はすべて税別

辰井裕紀


関連キーワード

| うどん | かわいい


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた