ニュース
» 2017年10月02日 20時00分 公開

性別や体格に縛られないおしゃれを 男性の骨格でもかわいく着られるガーリーなカーディガン登場

ベストマッチなワンピースも販売中。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 男性の体格でもかわいく着こなせる「ひかえめガーリーカーディガン」が、クラウドファンディングサイトのMakuakeに登場しました。入手に必要な支援額は1万6500〜1万7300円。マッチするワンピースがセットで手に入る、4万6500円のコースも用意されています(全て税込)。


ガーリーカーディガン サイズはMとL、色はオーガニックホワイトとピンクから選べます(※当初サイズをSとMとしていましたがMとLの誤りでした。お詫びして訂正いたします)

 「かわいい洋服を楽しみたい男性向け」を掲げるブランド「blurorange」の製品。既存のレディース服に対する「肩幅がきつい」「袖丈・着丈が足りない」といった、消費者の悩みを受けて開発されました。肩まわりや腕にゆとりを持たせることで、男性が着用した際の見ばえと着心地の良さを実現しています。


比較 同製品(左)と一般的な製品(右)の着用例を比較すると、見ばえの違いがよく分かります。なお、モデルの身長は183センチ

 デザインには認知心理学における「錯視」が取り入れられています。首まわりは顔や肩幅が実際より小さく見えるような比率で設計。少し短い着丈には、視線を上体に向けさせてスタイルが良く見えるようにする効果があるのだそうです。


ウール100% 素材はウール100%

ワンピワンピ セットのワンピースも背中のファスナーを閉めやすくするなど、さまざな配慮がされています

 肌触りを重視して、素材には高級なオーストラリア産ウールを100%使用。糸をつむぐところから一貫して日本で生産しています。糸の段階で防縮加工が施されているため、ネットに入れれば洗濯機の手洗いコースで簡単に洗えます。


ビジューボタン 胸元のボタンも日本製

 男性の体型を本気でかわいく見せたいと、6月にブランドを1人で立ち上げた松村智世さんに、編集部は開発の経緯を聞きました。当初はカーディガンとワンピースがセットでかわいくなるようデザインしていたところ、ニットの工場が見つからずカーディガンの製造を一度は断念。国内のニット工場は非常に貴重なのだそうです。


 やむなくワンピースのみ販売したものの、カーディガンもほしいとの要望が相次ぎ、あらためて商品化を検討。苦労の末に大阪府枚方市の老舗ニット工場「第一メリヤス」の協力を取り付け、クラウドファンディングでの再出発が決定しました。

 モニターに参加した男性からは「生地がふわふわしてて気持ちいい」「鏡に映った自分がいつもより可愛く見えました。“萌え袖”うれしいです」と好評。「昔水泳をしていたせいか肩幅が発達していて」と悩んでいた女性も、楽な着心地を喜んでいたそうです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声