ニュース
» 2017年10月04日 17時50分 公開

ドラクエ好きのがん患者が最新作を待ち望みながら闘病―― ゲームが生きがいとなった漫画に注目

「XI」で満足せず、いつか出るかもしれない次回作を目指してほしい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ある病院で起きた、「ドラゴンクエストXI」を巡る出来事を描く漫画がTwitterで反響を呼んでいます。作者のゆつきさんが看護師として勤務中に出会った、ドラクエ好きのがん患者・としきさん(イニシャルの「Tさん」含め仮名)の物語。生きているうちに最新作で遊べるか、心配する姿にいろいろと考えさせられます。


1P

 としきさんが抗がん剤導入に臨んでいたのは、描写から察するに2016年のこと。80代と高齢ながらタブレットを使いこなし、入院中もアプリ版のドラクエを楽しんでいました。ゆつきさんに「もうすぐ新作出ますよね」と声をかけられ、「XI」に期待を寄せるとしきさん。しかし過去作で長期の発売延期があったことを思い出し、「(「XI」発売まで)もつかな」と、自身の病状を案じてしまいます。

 そして2017年7月29日、いよいよ「XI」が発売。ゆつきさんが「としきさんも買えたかな」と思った数日後、としきさんがニンテンドー3DS版を持ってナースステーションを訪れました。「始めたからにはクリアしないとな!」と心底楽しんでいる様子を見て、ゆつきさんは「今回のドラクエは長編だといいなと思いました」と締めくくるのでした。


2P

 「○○の完結を見るまで死ねない」とはよく言われる言葉ですが、としきさんの場合はまさにドラクエが生きがいとなって病に立ち向かえたとも考えられます。今作で満足せずに、いつか出るかもしれない次回作で遊べる日を目指してほしいですね。

画像提供:ゆつきさん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる